アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
My アイティ日記
ブログ紹介
「定年元年」からNPO設立までの活動記録です。
zoom RSS

バンザイ! NPO認証 その10

2004/05/31 22:00
■2004/05/31 (月) バンザイ! NPO認証 その10

NPO法人 アクティブSITA
     菊池 剛志さま

町田商工会議所の関です。
この度は、NPO認証、おめでとうございます。
心からお祝いを申し上げます。
菊池さまをはじめとする、SITAのメンバーの方々にお会いして、すでに半年以上が過ぎました。この間、法人設立について、大変ご苦労をされたことと推察いたします。
そのご苦労がようやく実を結ばれ、そのお喜びは並々ならないものと存じます。
当所も、皆様のご好意に甘えたなかで、パソコン講座を開催しておることが、大変心苦しい限りです。
もうしばらくすると、会場等についても目途が出てまいると存じます。
今後とも、ご指導、ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。
NPO法人アクティブSITAと菊池さまをはじめとするメンバー皆様の、今後ますますのご健勝とご活躍を、心からお祈りいたします。

菊池代表&みなさま

こんばんは、鈴木です。
ちょっと留守にしておりまして、メールを開けまして、びっくり!
「Reバンザイ!  NPO認証!!!」の件名がずらずらと並んでいて、スクロールをしないと最後の方の分が見えない多さではありませんか。
お一人ずつの Reバンザイ・・・を拝読させていただき、皆様のおもいに改めて感動いたしました。

「NPO認証アクティブSITAおめでとうございます」

これも一重に、菊池代表はじめ実際にお骨折りいただいた皆様の努力の賜物とおもいます。
遅ればせながら、心よりお喜び申し上げます。

_.::._.: (*^ー^)人(*^-^*)人(^ー^*)  .:_.::._.:
         鈴木 なつ子
:._.::._.::._.::._.::._.: (*^-°)⌒☆ :._.::._.::

菊池様

NPO認証、おめでとうございます。
心からお祝いを申しあげます。

また、私の入会を承認していただきありがとうございました。
入会関係の書類をお送りいたします。

6月例会の後の懇親会で皆様と共に喜びを分かち合いたいと思います。
宜しくお願い致します。

徳田益代
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


バンザイ! NPO認証 その9

2004/05/30 22:00
■2004/05/30 (日) バンザイ! NPO認証 その9

菊池 剛志様
シニアSOHO横浜・神奈川  山本です

アクティブSITAのますますのご発展を祈念します。
地域情報化リーダー構想をご一緒に進めたいと思います。
こんごとも宜しくお願いいたします。

> 本日、5月28日にNPO「認証書」を受け取りました。
> これまでの皆様のあたたかいご指導、ご鞭撻、ご協力に対し心から
> 感謝申し上げます。
> 今後ともよろしくご指導頂きたくお願い申し上げます。

菊池 様へ
    皆さんへ

NPO設立のお知らせを拝見しました。
 ここまで長い道のり、いろいろとありましたね。
でも、貴殿達の大変な情熱のお陰で当初の目的を達成いたしましたね。
 心からおめでとう御座います。これからも、益々の御発展・成功をお祈りします。

いろいろなことに参画できずでおります。
いずれ出来る日を楽しみにMLを拝見して、陰ながら応援しております。
 どうぞ、優雅に楽しくにね。

                          石田 一夫

菊池 様、会の皆さんへ

胡桃です。

NPOの「認証書」受理、ほんとうにおめでとうございます。
これまで認証取得に努力された方々本当に有難うございました。
新入りとしましては、会の一員として今後の活動に協力させていただくということで、喜びの仲間入りをさせてください。

<><><><><><><><><><><><><><>
胡桃 睦夫

菊地さん 皆さん

NPO認証おめでとうございます。

これまで認証取得に努力された方々に感謝いたします。

最近、私事のハエを追うのに忙しく、メールも出れないでおります。
「優雅に、参加できる」日を期待しています。

>本日、5月28日(金)夕刻にNPOの「認証書」が書留で配達されました。
>皆さん、誠におめでとうございます!

♯〜〜〜〜〜〜〜〜〜♭
   加藤 雄士
♪〜〜〜〜〜〜〜〜〜♪

アクティブSITA 菊池さま

NPO法人 彩SITA 栗原です。
このたびは認証、おめでとうございます。
同じSITAの仲間として切磋琢磨していきましょう。
簡単ではございますが、お祝いを申しあげます。

*゛゛゛*。。。*゛゛゛*。。。*゛゛゛*。。。*゛゛゛*。。。*
NPO法人 彩SITA(さいさいた)
栗原昌子
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


バンザイ! NPO認証 その8

2004/05/30 22:00
■2004/05/30 (日) バンザイ! NPO認証 その8

菊池代表 西脇副代表 平田副代表 皆様へ

ホントに良かったです!。つい先日まで菊池さんが書類の訂正など
されておられたので、思いの外早かったのには驚きました。

菊池代表のNPO設立の呼びかけに、WGが発足したのは
ついこの間のように思えます。

ありがとうございました。

長井賢治


菊池さん

おはようございます、花房です。

メールありがとうございました。

>本日、5月28日(金)夕刻にNPOの「認証書」が書留で配達さ
>れました。

ホントに感激です!

NPO認証を申請するかどうかについては、メンバーの皆さまの
ご意見は決して一枚岩ではなかったのではないでしょうか。

ここまで到達されたのは菊池さんの熱い想いとリーダシップ以外の
何ものでもありません。
あらためて心より敬意を表させていただきます。

>予てから花房さんが抱いていた「SITA連合」計画を、私たちア
>クティブSITAが全面的にバックアップしてまいります。
>全国SITAの皆さんへネットでの情報提供や情報交換を実現をし
>てゆこうとの計画です。

ご賛同いただき、ホントにありがとうございます。
心より感謝しています。

取り急ぎ、ご返事まで。


菊池 代表へ
    皆さんへ

NPO設立のお知らせを拝見しました。
ここまで長い道のりでその間長い道のりを
情熱を傾け皆さんの協力なしでは
語れないことと思います。
一緒に受けたSITA試験の頃を思い出しながら、
本当におめでとうございます、と申し上げます。

益々の発展・成功をお祈りし、又成果はMLを通じて拝見しております。
皆さんと活動に参加できないこと、残念に思います。
取急ぎお祝い申し上げます。
またお目にかかれる日まで。

**********************
竹 内    博
**********************

菊池さん、皆さん

バンザイ!  NPO認証!!!

菊池さんのご努力と皆さんの熱意の賜物です。
やっと念願がかない、おめでとうございます。!!
本当に長い道のりをお疲れ様でした。

「一日も早く事務所を!」も着実に活動する中での
成果として「優雅に……楽しく」実現化しましょう。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
石渡 宏 / JA1CAJ
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


バンザイ! NPO認証 その7

2004/05/29 22:00
■2004/05/29 (土) バンザイ! NPO認証 その7

菊池代表&皆様

おはようございます、村上です。

NPO認証、おめでとうございま〜す。
ついに、ヤッターですね。

認証に行き着くまでには、どれほどのご苦労がおありだったか・・・。
難しい書類を何度も書き直しながら、大変な思いをしながらだったと
思います。
菊池さん初め、ご苦労頂いた皆様、本当に有難うございました。

末席ながら、皆様と一緒に喜びを分かち合えること、とても
嬉しく思いますし、アクティブSITAの会員であることを誇りに思います。

> > 組織として着々と実力をつけられ、お仕事の幅もどんどん
> > 広がってゆき、何よりもメンバーの皆さまの結束が抜群の
> > アクティブSITAです。
> > 今後ますます飛躍されますこと大いに期待しています。

花房さんのお言葉、本当にその通りですね。
メンバーの結束力が抜群・・・。
それを表わすように、認証お祝いメールがあっという間に皆さんから
届いて、嬉しくなりますね。
皆さんの気持ちが一つになっている、本当に素敵な会ですね。

> これからは花房さんに「育ての親」にもなっていただこうという計
> 画があります。
>
> 予てから花房さんが抱いていた「SITA連合」計画を、私たちア
> クティブSITAが全面的にバックアップしてまいります。
> 全国SITAの皆さんへネットでの情報提供や情報交換を実現をし
> てゆこうとの計画です。

うわぁ〜、それをアクティブSITAでやるのですね。
よかったぁ〜。
さすが、アクティブSITAですねぇ〜。
ベテランが揃っていて、行動力、結束力が抜群・・・。
昨年から、心に引っかかっていたことが、やっと動き出して・・・。
本当に嬉しいです。

これから、着実にお仕事を広げて、事務所を持って・・・、
ますます、夢が広がりますね。
「優雅に楽しく・・・」を忘れずに、皆さんで夢に向って、
頑張れる・・・、今後の人生がますます楽しくなりそう・・・。
私も早く、お手伝いした〜いです。

本当におめでとうございました。

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*
   村上 かをり
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


バンザイ! NPO認証 その6

2004/05/29 22:00
■2004/05/29 (土) バンザイ! NPO認証 その6

菊池様
隈部です

おめでとうございます。
すばらしいニューズです。
これからのご活躍をお祈りします。
今後協働リーグにはますますの期待がかかるようです。
大先達として今後ともよろしくお願いします。
まずはお祝いまで

菊池さん、皆さん
鵜野です。

> 本日、5月28日(金)夕刻にNPOの「認証書」が書留で配達さ
> れました。

おめでとうございます。
これまで認証取得に努力された方々に感謝を申し上げます。

> これから一年間の、皆さんとの合言葉は「一日も早く事務所を!」
> でいきましょう。。。

次のステップに向けて皆で努力したいと思います。

//////////////
鵜野文男

菊池さま
おめでとうございます。いよいよこれからですね。
ますますのご発展を、お祈り申し上げます。
                    葛飾アクティブ.COM 長田

菊池代表 そして 皆さん

これまでの道のりの 代表はじめ我々仲間への賛歌です

 Freude! Freude! ♪♪・・・♪!

「歓喜の歌」が 心の中に 鳴り響き渡ります

中川琢磨
2004.5.29

菊池さま
福森@シニアネット光

NPO認証おめでとうございます。
ますますのご発展を、お祈り申し上げます。

菊池 様

  和歌山・「NPO法人 つれもてネット南紀熊野」の千品です。

  NPO認証おめでとうございます。
  
  私共の地域では熊野古道が世界遺産に登録される
 のを機に様々なイベントが企画されています。
  どこかでお世話になることがあるかと思います。
  その折はよろしくお願い申し上げます。 
  6月11日には堀池さんが和歌山県田辺市(私共の地元)
 で今秋・和歌山県で行われる全国マルチメディア祭の
 プレイベントの基調講演者としてこられます。  
  和歌山県と田辺商工会からの要請です。
  当地でも「NPO協働リーグ」「シニアSOHO」の動きは話題
 になっています。 
  皆様のご支援に感謝しています。

  「アクティブSITA」の今後のご活躍をお祈り申し上げます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


バンザイ! NPO認証 その5

2004/05/29 22:00
■2004/05/29 (土) バンザイ! NPO認証 その5

川上です。

待ちに待ったNPO認可の通知、おめでとうございます。
これまでの代表以下の努力が実りましたね。

これで我がActive-SITAは晴れて事業目的を持った集まりになった訳ですね。
社会的にも一つの事業集団としてこれまで以上に期待を担い、何らかの価値を
社会に生み出していく役割を担うわけですね。

共に楽しみながら生き生きとやっていきましょう。
私も、何がしかでも貢献できるように頑張りたいと思います。
よろしくお願いします。

菊池さん、今夜はどこかで祝杯ですね。

菊地さん、会員の皆さん
NPO認証おめでとうございます。
ほんとにどこかよい事務所がほしいですね。

********************************
        星野 元典

菊池様はじめ理事の皆さま方、そして会員の皆さま 

NPO認証おめでとうございます。

念願の第1目標を目指してお世話いただいた方々のお喜びは如何ばかりかと心からお
祝い申し上げます。

更に大きな夢が実現するといいですね、しますとも、しなくてはいけませんね。
このグループならきっとできます!!

島田よし惠

菊池さん、皆さん、

やっと念願がかないましたね。菊池さんのご努力と皆さ
んの熱意の賜物です。
おめでとうございます。

菊池さんまたひとつ目標ができましたね。「一日も早く
事務所を!」。
ますます活動に力が入りますが、「優雅に……楽しく」
のモットーも忘れずにやりましょう。

………………………………………
森 隆

菊池代表&みなさんへ

NPO認証おめでとうございます。嬉しいですね。
皆さんの喜びのメール、その声が聞こえ、笑顔が目に浮かびます。
益々、楽しく、そして生きがいに通じるを活動を、喜びも苦労も共に
しながら、生き生きとやっていきましょう。
合言葉「一日も早く事務所を!」を、夢ではなく実現可能な短期目標
に設定したいと切に願っています。

菊池さん、 本当にありがとう!

 ▽▲▽・・・------------------ 
     橋口 真理子
---------------------・・・△▼△
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


バンザイ! NPO認証 その4

2004/05/29 22:00
■2004/05/29 (土) バンザイ! NPO認証 その4

菊池代表そして皆様

NPO認証おめでとうございます !!
ご努力が実り、記念すべき今日の日を迎えられ、共に喜びを分かち合う皆様と同席さ
せて頂けている事、とても幸せに思います。
“NPOアクティブSITA”の益々のご発展を祈念いたします。

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
小 林 良 子
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

菊池さん アクティブSITAの皆さん
遠藤です。

念願のNPO「認証書」が届いたとのこと
本当におめでとうございます。
晴れて法人格をもった団体として踏み出すことになります。
皆さんとともに祝いましょう。

ところで
これからは法人登記をはじめ、各種届出書類の作成となりますので
書類作成のWG(事務)が必要と思われます。
そのひとつに
法人登記は認証書到着後2週間以内に登記すること
など時間的な制約を受ける作業があるように思います。

菊池さん&皆さん
西脇です。

アクティブSITAの正式認証、おめでとうございます!
これで晴れて正式活動ができますね。
菊池さんが先頭で引っ張っていただいたお陰です。
ますますアクティブで楽しい会にしてゆきましょう。

================================
 西脇 文雄
================================

菊池さん

こんばんは、花房です。

>本日、5月28日にNPO「認証書」を受け取りました。

いやー、やりましたね!
おめでとうございます!
心からお祝いを申し上げます。

SITA町田会→アクティブSITA→NPO認証申請
その間、色々ご苦労された経過を知っていますので
ホントにうれしく思います。

組織として着々と実力をつけられ、お仕事の幅もどんどん
広がってゆき、何よりもメンバーの皆さまの結束が抜群の
アクティブSITAです。
今後ますます飛躍されますこと大いに期待しています。

取り急ぎ「おめでとうございます」のご返事まで。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


バンザイ! NPO認証 その3

2004/05/29 22:00
■2004/05/29 (土) バンザイ! NPO認証 その3

皆さんからのお祝いのメールを到着順にご紹介いたします。

菊地さん&みなさん、平田です。

オ メ デ ト ウ ございます。!!ヤッタァーですね。
菊地さんの努力と執念が実りましたね。
心よりお祝い申し上げます。
今から6月の懇親会の賑わいが目に浮かぶようです。
有難うございました。

**********************
平田一郎 at Tateyama 
**********************

菊池さん & 皆さん

名実ともに、私たちの会の基盤が整い、
勇躍して皆で「優雅に楽しく」活動する方向がはっきりしたことを、
菊池さんと皆さんと、喜びをともにいたします。

菊池さん、有難うございます。

皆さんとともに、自分らしく、マイペースでありますが、
これまでの他での活動よりも、独創的に、
しかも充実したものを求めて行きたいと、アクティブSITAに貢献し、
期待したいと思っています。

NPO「アクティブSITA」,おめでとう!!!

巻田

菊池代表&会員の皆様

おめでとうございます!

これで益々活動範囲が広がります。
力をあわせて頑張りましょう。

菊池様
念願が叶い、心よりお喜び申し上げます。
未だお役に立ちませんが、その内働ける
と思います。

*****************
徳光良治
*****************

菊池様
アクティブSITAのメンバーの皆様

NPO認証、おめでとうございます。
設立当初からこれまで一生懸命努力された皆様に心からおめでとうを
申し上げます。感慨もひとしおのことと存じます。
毎月の集まりに中々参加できなくて忸怩たる思いがありますが、
なるべくたくさん参加させていただくように致します。
巻田さんのおっしゃる「優雅に楽しく」活動するをどんどん実践するアク
ティブSITAはすばらしいです。
末席からもう一度おめでとうを申し上げ、皆様の熱意に敬服いたします。

嶋田敬二

菊池さん,皆さん

なんと,なんとようやく待ちに待った日が来ました。
菊池さん,皆さんおめでとうございます。

本当に長かったですね。
感無量!!

なんと言っていいやら,言葉になりません。
とにかく,よかった。おめでとうございます。
今度の懇親会は祝賀会となりますね。

本当によかったです。兜の緒を締め頑張りましょう。

佐藤一
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


バンザイ! NPO認証 その2

2004/05/28 22:00
■2004/05/28 (金) バンザイ! NPO認証 その2

「認証書」の到着は、2003年10月13日に設立総会を開催してから丁度7ヵ月半になります。
「待ちに待った」という言葉がふさわしいのですが、当初より6月にとのことでしたので・・・「早かったな!」の錯覚に陥ってしまいます。
 
 私たちの活動も商工会議所のパソコン講座受注のお陰で、ある程度先が予測出来るようになってまいりました。
 しかし、私たちが本当に楽しく良い仕事をするには、どうしても事務所を確保しての活動が必要となります。
 設立総会の時の言葉「皆が言いだしっぺ」を思い出し、最低限事務所を借りる経費負担が出来る売上を確保してまいりたいと思います。

 これから一年間の、皆さんとの合言葉は「一日も早く事務所を!」になります。

 先の5月の例会には、SITA制度の「生みの親」である花房さんにご出席いただき、皆で定年退職のお祝いを致しました。花房さんもとても喜んでおられました。
 これからは花房さんに「育ての親」にもなっていただこうという計画があります。

 予てから花房さんが抱いていた「SITA連合」計画を、私たちアクティブSITAが全面的にバックアップしてまいりたいと思います。
 全国SITAの皆さんへネットでの情報提供や情報交換を実現をしてゆこうとの計画です。
 私たちがこうして、定年後によき友に恵まれ、こんなに楽しく仕事も出来るのもSITAのお陰です。
 SITA制度の益々の発展を皆で実現したいと思います。

 まずは皆さんへ認証のことをお知らせし、共に喜びを分かち合いたいと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


バンザイ! NPO認証 その1

2004/05/28 22:00
■2004/05/28 (金) バンザイ! NPO認証 その1

アクティブSITAの皆さんへ
           菊池です。

 本日、5月28日(金)夕刻にNPOの「認証書」が書留で配達されました。

 皆さん、誠におめでとうございます!

 思い返せば、アクティブSITAの源流の「SITA町田会」が発足したのが2002年6月5日です。その時から数えて丁度2年が経ったということになります。
 そのころ集まっては、NPOという言葉をもてあそんではおりましたが、真剣にNPOづくりを考えていた訳ではなかったのです。
 2003年2月、会員の皆さんに、「SITA町田会の今後の歩むべき道について?」のアンケートを実施しました。
 その時の会員数21名中、「NPOを目指す」との回答は僅か7名でした。圧倒的な回答は「従来どおりの勉強会と懇親会」でした。
 はっきり言って、NPOとは何なのか?どんなメリットがあるのか?何にも分からない中でのアンケートですからこんな結果だったと思っております。
 しかしそのアンケートで、全ての皆さんが自分の持てるパソコンやIT知識を「社会のために役立てたい」。これらの知識で「仕事をしたい」との気持ちをお持ちになっていることがはっきりとしました。
 それでは、NPOのことをもっと勉強しようとのことで「SITA町田会」の中に「NPO研究会」を作って検討を開始したのです。
 当初、参加されるメンバーは僅か4名とのことでしたが、実際に、第1回目の研究会には何と12名の皆さんが参加したわけで、如何に関心が高かったかが伺えました。3〜4回も検討会を持ちました。

「機が熟す」とはこのことなのでしょうか?

 2003年7月頃、皆が是非にということになって、NPO設立に向けて心一つになって進んでいったのです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


頑張り屋Uさん

2004/03/07 22:00
■2004/03/07 (日) 頑張り屋Uさん

 いま、富士通オープンカレッジで『インターネット・メール』講座を受講されている生徒のUさんは大変な努力家です。お歳は55歳ぐらいの地方公務員の女性です。何時も講座に出席する時には必ず復習と予習をして出席されます。ご本人に言わせれば「予習しなければ他の方たちに付いて行けないから」と謙遜をしておられます。

 彼女は、WindowsXPの講座に始まって、Word基礎・応用、Excel基礎・応用、そして今のインターネットを受講しておられるのです。
 もう始めてから1年半位はなるのでしょうか?この3年間で、私が担当した生徒さんの中では一番の頑張り屋です。

 最近は、役所でパソコンの使い方の話になったときに、私が「ここはこうした方が良いのよ」と言うと、「皆が一斉に私の顔を見るのよ!」と嬉しそうに語ってくれます。と言うのはどうも職場では、彼女位の年齢でPCを使ったり、知識をもっている人はほどんどいないようです。

 先日、メールの送信の仕方を勉強したら直ぐ、自宅にメールを送ってくれました。

菊池先生へ

パソコン教室でいつもお世話になって
おります。
機械にまったく弱く 「パソコンなんて...」とあきらめていた私に、丁寧に教え
てくださり有難うございます。おかげさまでパソコンが楽しいと思えるようになって
きました。 そして仕事にも生かせるようになりました。
これからも、ゆっくり 楽しみながら 生活の中に取り入れていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。 

                              U (~o~)より

Uさん
  今晩は、菊池です。

こんなに素敵なメールを出せるなんて本当に素晴らしいですね。

>おかげさまでパソコンが楽しいと思えるようになって
> きました。 そして仕事にも生かせるようになりました。

Uさんが本当にまじめに真剣に取り組んでいる結果です。予習・復習が無け
ればなかなか身には付かないものです。
最初は大変ですが、所詮パソコンは楽しむことが大切なのです。どんどん楽しんで
まいりましょう!

 昨日講座でお会いしたら、メールを頂いて涙が出るほど感激しましたとのお話でした。嬉しい限りです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ハードに強い男達

2004/03/04 22:00
■2004/03/04 (木) ハードに強い男達

 前々週のこと、「ここが知りたい!パソコン相談室」に「犬の洋服」のデザイナーのSさんが相談に来られました。帰り際に、実は「プリンターも壊れて困っているんですけど、ここでは直していただけないのでしょうか?」との質問に出会いました。
 
 待ってました!とばかり、「私たちの仲間には、壊れたパソコンや機器を直したくてウズウズしている連中がいるんです」。

 そこでこんな自慢話を・・「この間もある事業所で、パソコンが壊れて動かないので購入した業者に診てもらったら、『こんな症状では自分のところでは手に負えません。メーカーへ持ち込まなければ無理ですね!』と言われたパソコン2台を、我が仲間のEさんがアッという間に直して大変感謝されました。同時に、我がアクティブSITAの実力を示す絶好の機会になりました・・・・」とお話をいたしました。
 
 その話を聞いていた「相談室」の家主の東京海上の女性支店長さんも「私の使っているパソコンもキーボードが壊れてうまく打てないのよ!診てもらえないかしら・・・?」との話になり、次週はハードの修理の予約が2件入り込んだのです。
 
 ここはハードに強い男達の出番ですが、特に好きなEさんと「おもちゃのの病院」のドクターも務める I さんの二人が、次週の「招集令状」に喜んで応えてくれました。

 実際、ノートパソコンの修理はなかなか難しいのです。
 メーカーによってその開き方はまちまちで、ちとやそっとではいかない事情があります。そんなことをお構いなして請け負ってしまったのです。
 それでも I さんは、喜び勇んで修理に対応するために、パソコンやプリンターのメーカーへ何度も問い合わせたり、開き方の説明書を送ってもらったりとそれはそれは相当な事前準備をして備えたのです。

 その甲斐があって、プリンターもノートパソコンのキーボードも見事に修復が出来ました。
 私のようにハードに弱い連中も見守っておったのですか、修復し終った時には、思わずの拍手喝采が鳴り止まずでした。
 
 持ち主の方々からはこれまた大変喜んでいただきました。
 
 出来上がってみれば簡単なようですがこんな隠れた事前準備や苦労があったのです。
 修理に当たった I さんは、「以上2点のハード不具合は完治し面目躍如の一日でした。 めでたし・・めでたし・・・」と喜んでおりました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


好評の「デジカメ入門」講座

2004/02/21 22:00

■2004/02/21 (土) 好評の「デジカメ入門」講座
 「デジカメ入門講座」を終了して、私が会員の皆さんに送ったメールです。

 2週間にわたって実施された商工会議所主催の「デジカメ入門」講座(8クラス・受講生64名)も、皆さんのご努力とご協力のお陰で、昨日、好評裏に無事終了することが出来ました。本当にご苦労さんでした。

 アンケート結果の分析は、添付ファイルにしてありますのでゆっくりとご覧いただきたいと思っておりますが、今回のデジカメ講座はいろいろな意味できわめて大きな意義があり、また勉強になりました。

成果

(1)受講生の皆さんに、本当に喜んでいただいたこと

 アンケートの内容を抜粋しますと・・
 「本講座の講師およびアシスタントの先生方は大変親切で分かり易い指導でした。ありがとうございました。」
 「SITAをはじめて知りました。テキストがきれいで見やすかったです。説明も丁寧で分かりやすかったです。また、参加します。」

 ・初日が終わった時点で、受講生が何を求めているのが良くわかりました。
  それは「自分のカメラを自由に使いこなす」ために受講されているのです。
 ・それに応えるために、仲間を動員し受講生持参の機種の違う全てのデジカメの操作を指導したのです。
 ・私たちの今回の最大の「売り」は知りたいことは全てご指導する、サポート体制でした。

(2)「講習後の感想」&「講師について」の評価が高かったこと

 昨年の「年賀状作成講座」の時には、講師について『良かった』が76%でした。とても満足したのですが、今回は、講師の評価はそれを超える81%の方から『良かった』との評価をいただきました。また、講習後の感想にしても、84%の方が良かったと評価してくださっております。

(3)本格的「テキスト」作成が出来たこと

 今回は独自テキストを作成しました。WGを作って取り組みましたが、こんな大変なものとは正直言って思っておりませんでした。ここが極めて勉強になったところです。内容はもちろんですが、Wordの使い方(段落内のいろいろな設定ーセクションetc.)、印刷ー「見開き印刷」の設定、「校正」、印刷体験・・・朝9時から夜9時まで1週間ぐらい頑張ったのでしょうか?毎日商工会議所通いが続きましたが、あのように会議室を借りっぱなしで仕事をさせていただいたから完成できたのですね。

 ここでまた感謝です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


NOP申請書類受理!その2

2004/02/18 22:00
■2004/02/18 (水) NOP申請書類受理!その2
 前のページには書ききれないほどのメールが入ってきてります。

待望の吉報おめでとうございます。受理書を拝見しました。感激です。
認証が下りるまで、休息をとってください。ありがとうございました。

おめでとうございます。
着実に夢を叶うようにされてこられたご努力に敬意を表します。
既に活動は順調で、今年半ばには名実ともに全開態勢で、「優雅
に楽しく」、わくわくですね。
春も直ぐそこです。なんと気分のいいことでしょう。

今外出先から帰宅して、吉報メールを拝見しました。
本当におめでとうございます。
関係者皆さんのご努力に感謝いたします。

おはようございます、Mです。
> 土曜日に、何度も点検した上で町田郵便局本局まで行っ
> て出してきたNPO申請書類でした。漸くに、待ちに
> 待った認証書類受理の通知書が到着です。
> 受理日が「16.2.16」になっております。
うわぁ〜、おめでとうございま〜す。
やったぁ〜、ですね。
さぞ、目に見えないご苦労を、たくさんして頂いたことと
思います。
関係された皆様ともども、厚く、厚く御礼申しあけます。
今回、本局まで行って、書類を出してきた甲斐がありましたよね。
さぞ、念ずるようなお気持ちで、投函なさったことでしょう。
本当にお疲れ様でした。
陽気も春めいてきました。
アクティブSITAも、いよいよ名実共に・・・
あとちょっとですね。
嬉しい気分で、これから出勤しま〜す。

こんばんは、Sです。
早々の吉報ありがとうございます。
代表をはじめ直接申請に携って下さいました
皆さんのお骨折りの賜です。感謝!
心より「おめでとうございます」

皆さん
NPO申請の受理、おめでとうございます。
6月までの更なる忙しさに参加します。
60歳を過ぎて社会貢献できるなんて
夢のようです。

念願のNPO法人化への確かな手ごたえを確認できまして
本当にご苦労様でした。
ここまで我々をリードしながら新しい高みへ連れ出して頂けた事に
敬意を表します。
これから正式の受理まで着々と足場を固めて行きたいですね。
及ばずながら協力できることを増やしていきたいと思います。
兎も角も、おめでとうございました。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


NPO申請書類受理!

2004/02/18 22:00
■2004/02/18 (水) NPO申請書類受理!
 私たちが、アクティブSITAのNPO法人設立に向けて創立総会を開催したのが昨年の10月13日です。
 設立認証申請は、東京都へ電話で予約し参上するのですが、極めて混んでおり、実際に予約が取れたのは、設立総会から1ヶ月半後の12月22日でした。
 当日はいろいろな指導があり、指導された箇所を修正し再度持参するのですが、次の予約日がまたまた1ヵ月半後の2月12日でした。その日にはまた指導訂正分がありましたが、あとは郵送でよろしいということになり、2月13日に町田郵便局より投函を致しました。

皆さんへ
 菊池です。

 今日は、昼からホームページ作成のワーキンググループの打合せ会があり今帰宅しました。
 郵便受けから私が手紙を取り出したのですが、多くの手紙に混じって「東京都」からの郵便が入っておりました。
 13日の土曜日に、何度も点検した上で町田郵便局本局まで行って出してきたNPO申請書類でしたが、漸くにして、待ちに待った認証書類受理の通知書が到着です。
 受理日が「16.2.16」になっております。

 実際の認証は6月の中旬になりますが、申請書受理で先ずはほっといたしました。
 取り合えず何はさておいても、皆さんにこの喜びをお伝えしようとメールを開き書き込みました。

 皆さんおめでとうございます!
(余計なこととは知りながら受理書をスキャンしてお送りします。)

 皆さんからも沢山のメールがメーリングリストを賑わせております。

●皆さんからのメールです。

NPO申請書受理されたこと嬉しい限りです。
役所の書類関係が受理されたことは、私の
知る限りでは、99.99% OKということです。
後は順送りに裁決され、認可通知書が届くまで
じっと待つことになります。
いままで、代表はじめ関係された皆さんのご苦労に
対して、会員の一人として感謝します。
これからも微力ながら、お役に立ちたいと思います。
皆さんよろしくお願いします。

大変うれしい連絡ありがとうございました。
これもひとえに代表,副代表のご努力の賜物と
感謝申し上げます。また,皆さんのお力も励みに
なったことと思います。
先日,我慢のし甲斐がありましたね。

本当におめでとうございます。
最初に皆で話し合った時のことが思い出されます。
あとは言葉になりません。
本当にありがとうございました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


二月例会 & 勉強会−Home LAN−

2004/02/09 22:00
■2004/02/09 (月) 二月例会 & 勉強会−Home LAN−
二月例会が終わったらこんなメールが寄せられております。

Kさんからのメール

私たちは本当に不思議な仲間です。まるで恋人達のよう
に、いつまでも一緒に話をしていたいのですね。
例会が終わり、懇親会が終ってから更にコーヒーを飲んで、
閉店時間11:00まで話し込んでおりました。

帰りが同じ方向の I ・Tさんと歩いて帰ってきました。
家へ着いて時計を見たらなんと 12:30分でした!?
町田駅から当家までは歩いて55分ぐらいなのですが、
一人の時と違って話しをしながら歩いていましたから20%
増し位で計算してもちょっとかかり過ぎでした。

今日の巻田さんの講義、本当に素晴らしかったですね。
私には解らないところだらけですが、加藤・平田両氏の
具体的トラブルを採り上げての説明の部分は良く分かり
ました。

来月も巻田さんのその3が続くと思っておりますが、解
らないながらも繰り返し聞いているうちのだんだんと
解ってくるものと思っています。

Mさんのメール
巻田さん、12月に引き続き、今月も、本当に素晴らしい
講座を有難うございました。

前以っての懇切丁寧な資料作り、そして穏かな話し振りで、
判りやすい、親切な説明・・・。
どんな、質問を受けても、慌てることなく、対応している姿に、
その知識の深〜さが感じられて、ただただ、すごいなぁ〜と
感心ばかりしていました。

12月の時に、びっくりしたのですが、今回も手抜き無しの、
親切さに、お仕事をしながら、サーバーの管理もしながら、
どんな時間の配分をなさっていられるのかしら・・・と不思議です。
ご親切、本当に有難うございました。

ちゃんと理解できたかというと、一部分だけで・・・。
後は、判ったような判らないような、ぼんやりとして・・・です。
すみません。

Kさんが、謙遜でしょうが、このように仰っているので、
私が判らなくても当然だと、ホッとしました。
すみません、何度かお聞きするうちに、はっきり判って
くると思いますので・・・。

親睦会は、いつもながら、本当に楽しかったですねぇ〜。
早めに帰らせて頂いてしまい、失礼致しました。
楽しいと時間が経つのがあっという間ですね。

皆さん、仰っていましたが、この会ほど、楽しい会は無い・・・、
いろんな会に属しているけど、アクティブSITAが、一番だ・・・と
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「パソコン相談室」のPR

2004/01/25 22:00
■2004/01/25 (日) 「パソコン相談室」のPR
 昨日、朝日新聞の販売店から電話がありました。

 実は数日前に、「ここが知りたい!パソコン相談室」開設のPRとして、「つくし野だより」(当販売店発行)に是非載せて頂こうとお願いに行って来ました。

 ご存知の方も多いことと思いますが、地域の朝日新聞販売店は、地域のいりいろな情報を折込情報紙に載せてで毎月発行しているのです。私の住むこの地区では月2回発行されています。

 前回配達された本折込み情報紙には、「今月の本紹介」「読者の皆さんからの便り」「プレゼントコーナー」などが載っておりました。このプレゼントコーナーは当家でも何回か利用させていただきました。「東京ドーム招待券」などです。
 この回のプレゼントは「3月大歌舞伎」「新宿コマ劇場」「新橋演舞場な」どの招待券が盛沢山載っております。そのために愛読者が極めて多いのです。隠れたベストセラーかもしれません。

 話は戻って、「パソコン相談室」を利用したいと望んでいる方は極めて多いのですが、問題は私たちがどうPRするか?如何にしてその存在をお知らせすることが出来るかにかかっているのです。
 地域のミニコミ紙にお願いして記事にしてもらったり、郵便局や銀行窓口、地域センターなどに置いていただく・・・いろいろ手を尽くしております。
 
 この間の仲間が集まった時のこと、地域でのPRには朝日新聞の販売店で出している情報紙が良いということが話題になりました。冒頭に書いたように、それでは載せていただこうとのことで販売店に出向いたのです。 その時に販売店の所長からは、「月末までに原稿を持参くだされば載せてあげましょう。原稿の大きさはA3用紙を二つ折りにして、その1/4のサイズで作ってください」との話がありました。

 ところが昨日の電話では、前に私が持参したチラシ(A4)を持って来て下さいとのことなのです。
 お伺いしたら、所長は不在でしたが、対応に出た方が言うには「所長がチラシを単独の折り込みにするようにと言ってます。A4用紙を使って青一色刷りで折り込んで上げます。」とのことでした。朝日新聞・東京新聞合計3000戸へ無料(有料の場合は3〜4万円になります)で配布してくれるとのことです。また、単独チラシの場合には、保存版にもなりますのできわめて有効なPRになります。

 日曜日の朝刊に入っておりました!!本当に有難いことでした。うれしい限りです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


1月例会&新年会

2004/01/21 22:00
■2004/01/21 (水) 1月例会&新年会
 皆さんからメールが入っております。ご紹介いたします。

●Sさん(女性)

昨夜は本当にお疲れさまでした。そしてありがとうございました。
大好物のサーモンのマリネ、お味最高でした。
ビンゴの景品もお気に入りです。
一番お忙しいお二人にこの会始まって以来のお手数をおかけしてしまって、と思いながら Eさん、Nさん始め皆様の素晴らしい余技に酔いしれていました。

ここまでは全て順調でした!今年のアクティブSITAを予想するかのように、、、。
ああ、それなのに、、、 実は 心配り十分あるはずの新宿方面組なのですがMさんだけ積み残してしてしまいました。
ドア付近でかなり頑張ったのですが残念無念、痛恨の極み、Mさんゴメンナサイ。

来年は手鍋とエプロンもって手伝いますね。

●Nさん

呑みすぎたとは思いませんが 今朝は ユックリ朝寝し夢をみました。
<Hさんのあのマリネはうまかったねー タッパーを持っていくべきだった>
<Sさんが和服だ!優雅だねー>
<M(女性)さんが代表とダンスを楽しそうに、チクショー今度は僕が・・・>
<Sさん、信州から日帰りで ボクの 演奏聴きに来てくれたんだ・・>
<Mさん、名前でマラソンの結果を検索できるのですか、ヤバイな、家内の名前わすれてくださいね>
< I さん、自転車で追いつくかと思ったのですが 酔っ払っていたのでしょうか、見失いました。ごめんなさい。>
<皆さん、昨晩は私のつたない演奏をお聴きいただきありがとうございました。もっともっと腕を磨いておきます。>

大勢の前で ひとりで 演奏するのは ほとんどないことなので 私自身とても良い経験になりました。 「お聞かせする」というのも結構それなりに楽しいものでした。この機会を与えていただいた両幹事さん、代表に心から感謝いたします。
 次の機会では Eさん、合奏してみませんか。他にもフルートとかギター、ウクレレ、ハモニカなど弾かれる方いらっしゃいませんか。従来のワクにとらわれず楽しんじゃいましょう。

 HPに楽しい写真がいっぱいあります。ご覧下さい。
 http://active-sita.com/teirei-soukai/200401_teirei/200401_teirei.html

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


1月例会

2004/01/20 22:00
■2004/01/20 (火) 1月例会
 今日は、アクティブSITAの1月例会の日です。いつもの「まちだ中央公民館」から、中央林間にある「貸集会室」へ場所を移しての例会および新年会です。
 貸集会室といっても、元カラオケハウス!すべての設備が揃っている素晴らしいホールです。私たちの新年会にはもってこいの場所設定です。
 ただ、食事や飲み物が全くないために、すべて私たちで用意することになりますので、17日に幹事の方と会場の下見やら、用意するつまみや飲み物のメニューと品定めをし当日に備えました。

 新年例会のために、冒頭、私よりは今年の抱負を述べさせて頂きました。
 まず、今年は私たちのNPO認証の年になるので、そのときに向けて力をつけておく必要があることを強調いたしました。
 
 今年の実施事項やスケジュールなど

 一つには、「ここが知りたい!パソコン相談室」がオープンしたこと。需要は旺盛も、どのような方法で広報するか大きな課題。
 
 二つには、町田市で実施の「痴呆予防のためのパソコングループ」にアクティブSITAより2名が選任されたこと。我が、行動理念に合致するデジタル弱者へのIT活用支援を体験するいよい機会であること。
 
 三つには、あるところから、デジカメ講座の受注を得て、2月に8講座開催することになり、現在、そのテキスト作成に取り組んでいること。コンテンツの保有がNPOの強みなること。
 
 四つには、NPO協働リーグで「地域情報化リーダー」育成講座を企画しており、私がグループリーダーとして推進して行くので、アクティブSITAの皆さんに協力して欲しいこと。
 また、1月31日に「コミュニティ・ビジネス トーク&交流会」が開催され、私も「人の集まる会を作る」のテーマで話をすることになった。是非参加を・・・。
 
 五つには、事業として一番期待していた「パソコンの設定・LAN構築」事業が受注はしたものの案件が出てこない。期待しよう!
 
 今年も「優雅に楽しく!」をキーワードに生きがいを持ってがんばっていこう!

■2004/01/18 (日) ロスからの電話
 今日、ロスから電話が入りました。実は昨日、「ヒロ近藤」さんという方からメールを頂いていたのです。全く知らない方ですし、「おそるおそる」開けて見てビックリ!次のようなメールでした。

 《初めまして突然のメ−ルお許しください。愛情物語など懐かしい文章が出ていたので全て拝見しました。
 私はロス在住のドラマ−です。1月18日で63に成りますが現役最高齢ドラマ−めざしたいと思います。パソコンも60の手習いで始めました。
 9月にホ−ムペ−ジに挑戦、手作りペ−ジ2週間で出来ました。カウント数がおいので驚いています。見ていただけたら幸いです。アドバイス頂けたら嬉しいです元気な60代で頑張りましょう。
 
 ヒロ近藤で開けてください。》

 http://calwave.hp.infoseek.co.jp/

 《メールを頂き有難うございました。さすがIT時代!本当に世界が狭くなってしまいました。まさか、私のHPをLAのヒロさんが見いているとは思っておりませんでしたし、ましてやメールを頂くなんて想像すら出来ませんでした。

 一寸前までは、自分を知って貰おうとか主張しようと思ったら、本を出版するしか方法はなかったのです。それが今ではHPで、それがいとも簡単に出来るのですね。

 それにしても、ヒロさんの立派のHPは作り方は誰かに教えて頂いたのですか?わずか2週間で立ち上げたとは凄いですね・・・
 HPを見てたら昔懐かしい白木秀雄の名前なんかも出てきましたね、私は1939年生まれ、ヒロさんの2年上になりますが、同じ時代を生きてきた仲間です。また、学生時代からJazzが好きで、良く聴きに行ったものです。
 HPを見るとしばしば日本へ帰っているようですね。
 今度、東京での演奏会があったら教えて下さい。是非聴きに行きます。

 ヒロさんの目標→現役最高齢のドラマー
 素晴らしい目標です!》

 IT時代のメールを活用して交流を図ろうとしていたヒロさんが、アナログの電話を下さるとはこれまたビックリです。
 IT万能と言っても、生の声での交流には太刀打ちできません。本当の心のふれあいが出来たような気がしました。
  私のHPをどうして知ったのですかの質問に、「日本のジャズ」を検索し出てきたようです。 年に2度は帰国されるとのことですのでお互いにお会いしましょうと言って電話を切りました。

 情報化時代の素晴らしい出会いです。

■2004/01/16 (金) 痴呆予防パソコングループ
 私が住んでいる町田市では、昨年10月より、東京都26市の中で初めての「痴呆発症遅延事業」を実施しています。
 その内容は、園芸や旅行・パソコンなどの趣味活動を題材にして、参加する10人程度のグループで話し合いをしながら、目標を決め、手順を計画し、それを実行することにより脳を鍛え「痴呆の予防」を図ることを目的にしているのです。

 「ファシリテーター」と呼ばれる指導者が中心となって進行するのですが、数人の「アドバイザー」が支援します。
 また、パソコンでは専門的知識が要るため「インストラクターとサポーター」が必要となります。そのために、昨年11月に募集があり、私達アクティブSITAの活動理念の「高齢者」へのパソコン支援そのものであり、当会のメンバーも7名が参加申込みをしました。

 昨年12月24日、この「インストラクター及びサポーター」希望者への説明会が開催されました。希望者が60〜70名が集まったでしょうか・・・主催者側も、会場作りの混乱に「嬉しい悲鳴」を挙げておりました。

 年明けて1月6日、市役所より「インストラクター・サポーター」の要請通知がありました。トータルで10名程度が選ばれました。アクティブSITAより私と I さんに参加要請がありました。
 
 そして今日、その選任されたメンバーへの説明会と見学会が「金森教室」で開催されました。
 「インストラクター・サポーター」達の一通りの自己紹介での初顔合わせが終わって、次に実際に活動を開始している「金森教室」の方達と合流して、目標達成状況や反省点などの報告を聞かせて頂きました。
 痴呆予防プログラムには「まず、運動を習慣にします」とあり、ウオーキングからスタートのようです。自らに目標を課し、この1週間の結果を報告しておりました。皆さんとても元気にこの目標達成に向けて頑張っておるようでした。

 「ここでは『教える』のではなく『共に関わり、必要と思われる情報を提供する』ことを大切にして下さい」とあります。
 如何に実行する方が自らの脳を活動させるかが問題なのです。ここが難しいところです。教え魔にならないように!
 
 この教室は、毎週金曜日10:00〜11:30に開催されます。1年間のスケジュールですが、それが終われば自主活動に移ります。そしてまた次の方達が入門となるでしょう。
 
 またまた忙しい日が続きそうです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ロスからの電話

2004/01/18 22:00
■2004/01/18 (日) ロスからの電話
 今日、ロスから電話が入りました。実は昨日、「ヒロ近藤」さんという方からメールを頂いていたのです。全く知らない方ですし、「おそるおそる」開けて見てビックリ!次のようなメールでした。

 《初めまして突然のメ−ルお許しください。愛情物語など懐かしい文章が出ていたので全て拝見しました。
 私はロス在住のドラマ−です。1月18日で63に成りますが現役最高齢ドラマ−めざしたいと思います。パソコンも60の手習いで始めました。
 9月にホ−ムペ−ジに挑戦、手作りペ−ジ2週間で出来ました。カウント数がおいので驚いています。見ていただけたら幸いです。アドバイス頂けたら嬉しいです元気な60代で頑張りましょう。
 
 ヒロ近藤で開けてください。》

 http://calwave.hp.infoseek.co.jp/

 《メールを頂き有難うございました。さすがIT時代!本当に世界が狭くなってしまいました。まさか、私のHPをLAのヒロさんが見いているとは思っておりませんでしたし、ましてやメールを頂くなんて想像すら出来ませんでした。

 一寸前までは、自分を知って貰おうとか主張しようと思ったら、本を出版するしか方法はなかったのです。それが今ではHPで、それがいとも簡単に出来るのですね。

 それにしても、ヒロさんの立派のHPは作り方は誰かに教えて頂いたのですか?わずか2週間で立ち上げたとは凄いですね・・・
 HPを見てたら昔懐かしい白木秀雄の名前なんかも出てきましたね、私は1939年生まれ、ヒロさんの2年上になりますが、同じ時代を生きてきた仲間です。また、学生時代からJazzが好きで、良く聴きに行ったものです。
 HPを見るとしばしば日本へ帰っているようですね。
 今度、東京での演奏会があったら教えて下さい。是非聴きに行きます。

 ヒロさんの目標→現役最高齢のドラマー
 素晴らしい目標です!》

 IT時代のメールを活用して交流を図ろうとしていたヒロさんが、アナログの電話を下さるとはこれまたビックリです。
 IT万能と言っても、生の声での交流には太刀打ちできません。本当の心のふれあいが出来たような気がしました。
  私のHPをどうして知ったのですかの質問に、「日本のジャズ」を検索し出てきたようです。 年に2度は帰国されるとのことですのでお互いにお会いしましょうと言って電話を切りました。

 情報化時代の素晴らしい出会いです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


痴呆予防パソコングループ

2004/01/16 22:00
■2004/01/16 (金) 痴呆予防パソコングループ
 私が住んでいる町田市では、昨年10月より、東京都26市の中で初めての「痴呆発症遅延事業」を実施しています。
 その内容は、園芸や旅行・パソコンなどの趣味活動を題材にして、参加する10人程度のグループで話し合いをしながら、目標を決め、手順を計画し、それを実行することにより脳を鍛え「痴呆の予防」を図ることを目的にしているのです。

 「ファシリテーター」と呼ばれる指導者が中心となって進行するのですが、数人の「アドバイザー」が支援します。
 また、パソコンでは専門的知識が要るため「インストラクターとサポーター」が必要となります。そのために、昨年11月に募集があり、私達アクティブSITAの活動理念の「高齢者」へのパソコン支援そのものであり、当会のメンバーも7名が参加申込みをしました。

 昨年12月24日、この「インストラクター及びサポーター」希望者への説明会が開催されました。希望者が60〜70名が集まったでしょうか・・・主催者側も、会場作りの混乱に「嬉しい悲鳴」を挙げておりました。

 年明けて1月6日、市役所より「インストラクター・サポーター」の要請通知がありました。トータルで10名程度が選ばれました。アクティブSITAより私と I さんに参加要請がありました。
 
 そして今日、その選任されたメンバーへの説明会と見学会が「金森教室」で開催されました。
 「インストラクター・サポーター」達の一通りの自己紹介での初顔合わせが終わって、次に実際に活動を開始している「金森教室」の方達と合流して、目標達成状況や反省点などの報告を聞かせて頂きました。
 痴呆予防プログラムには「まず、運動を習慣にします」とあり、ウオーキングからスタートのようです。自らに目標を課し、この1週間の結果を報告しておりました。皆さんとても元気にこの目標達成に向けて頑張っておるようでした。

 「ここでは『教える』のではなく『共に関わり、必要と思われる情報を提供する』ことを大切にして下さい」とあります。
 如何に実行する方が自らの脳を活動させるかが問題なのです。ここが難しいところです。教え魔にならないように!
 
 この教室は、毎週金曜日10:00〜11:30に開催されます。1年間のスケジュールですが、それが終われば自主活動に移ります。そしてまた次の方達が入門となるでしょう。
 
 またまた忙しい日が続きそうです
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


『ここが知りたい!パソコン相談室』オープン

2004/01/13 22:00
■2004/01/13 (火) 『ここが知りたい!パソコン相談室』オープン
 私達アクティブSITAのボランティア活動である『ここが知りたい!パソコン相談室』が今日オープンしました。
 NPO設立趣意書に謳ったように、「地域の皆さんのITリテラシー(使いこなす能力)向上」のお役に立つことが私達の理念であり、これの実践が『ここが知りたい!パソコン相談室』です。
 そして、こんなにも早く私共の願いが叶ったのは、東京海上社のご好意で、同社のITコーナーや機器を無料で提供頂いたからです。

 チラシにこんなことを書きました・・・

 操作につまずいたとき、誰か教えて欲しい!
 みんなが持っている願いです。
 近くに教えてくれる人がおったら
 どんなに助かるでしょう・・・
 そんな声に応えるために、私達「アクティブSAITA(サイタ)」は
 『ここが知りたい!パソコン相談室』を開設することにしました。

 平成13年度に行われたIT講習会でパソコンを習った方達が、今一番望んでいることが「誰かにもっと教えて頂きたい!」ということなのです。パソコンは、壁に突き当たった時、誰かが手を差し伸べて引っ張ってあげないと前進出来ないのです。いや、そこで終わってしまうのです!
 皆さんが一番望んでいることを実現しようとするのが私達の『ここが知りたい!パソコン相談室』です。

 今日の来場者は10名でした。
 今回の宣伝は「タウンニュース」の元旦号のみでした。「タウンニュース」を見て電話予約での来場者が5名。「町田パソコン研究会」の方が3名。そしてこの地区のホームページ「つくし野ふれあいネット」をご一緒に作っている方や近所で私の親しくしている人達です。

 今日実際にやってみて、1日10名の来場客で手一杯かなとの感じです。
 私達のメンバーは、担当したいという希望者が多いこともあって、A班(13:00〜15:00)・B班(15:00〜17:00)各四名体制です。

 今日の来場者の皆さんは大変な喜びようで、「来週また是非お願いします」と言って帰った方が多かったようです。
 来場者より以上に楽しんでいたのがアドバイザ陣です。地域の方達のお役にたてたことをとっても嬉しがっておりました!
 
 帰り際に、東京海上のT支店長さんより「楽しそうにお仕事をしていますね!素晴らしいことです」と言葉をかけて頂きました。

   http://active-sita.com/katsudou/pc-soudan/pc-soudan.html
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ブラスター退治!

2004/01/09 22:00
■2004/01/09 (金) ブラスター退治!
 昨年の暮れ、スポーツクラブの仲間であったAさんから「パソコンがおかしいので見てくれないか」との連絡があって診断してきました。
 インターネット・エクスプローラを立ち上げHPを見ていると、1〜2分でシャットダウン(閉じて)してしまうのです。
 Aさんのことについては、以前に、私の日記(2003年9月19日付)に書いておりますが、ALSという進行性神経性難病にとりつかれ、現代医学をもってしても発症原因不明、対策療法ほとんど無しの状態のため、現在は、パソコンでのホームページの閲覧が唯一の楽しみにしているのです。
 ところが、私は未だかってこの様なPCの症状を経験した事がない。このパソコンはOCNのPCパック(レンタル)で提供されているIBM社製です。
 OCN・IBM各サポートセンターへの問い合わせの結果、その症状よりブラスター(昨年8月に大流行のウイルス)に感染していることが判明しました。
 Aさんは昨年10月に契約を更新をしたのですが、新たなPCが納入されインターネットに繋いだ時に感染したものと考えられます。
 Aさんはもう75歳位でしょうか?PCパックでも、説明も何もなくただ難しい説明書を置いて行くだけです。それでウイルスに感染すればー自己責任で修復して下さいとなるのです―誰が考えてもおかしな世界です。
 
 少なくとも、IT先進国を目指している国家も業者も、こんな状態でITの普及が図れると思っているのでしょうか?
 
 このようなPCの修復はリカバリー(全てのソフトの入れ直し)が最適と考えられ、事前に準備し、今日実行することにしました。現在のIBM社製のPCにはリカバリーCDが付いておりません。その代わりにハードディスク上にリカバリー・ユーティリティーの起動エリアを設けているのです。
 エンターキーを押しながら電源を入れるとリカバリーソフトが起動するのですが、最初に出てくる画面が全て英語です。これは参ったな!と思ってよくみると「Recover to Factory Contents」これ(工場出荷時)だけはわかりました。このアイコンをクリックしたら,次のページ以降は日本語での説明がありました。助かった!!
 そして、インターネット接続、メールのアカウントの設定を終えると無事開通です。ここまで2時間かかりました。
 
 こうして無事ブラスター退治が完了いたしました。良い経験をさせて頂きました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


初仕事

2004/01/07 22:00
■2004/01/07 (水) 初仕事
 今日が私達アクティブSITAの初仕事となりました。2月に実施が決まった商工会議所との提携で実施する「デジカメ入門」講座のテキスト作りです。

 今年からお借りすることになった私達のミーティングルーム(会員に「公文」教室を開校しているメンバーがおり、「公文」教室の無い日にお借りする)でのコンテンツ作成ワーキンググループ(WG)の打合せと作業です。

 私も、パソコンスクールで「デジカメ講座」は相当多く実施してきました。しかし、今まで使ったテキストは決して良いテキストでは無かったのです。
 その為に、スクールでも市販のテキストの中で良いものを選んでは実施したこともありましたが、生徒さんからは必ずしも好評とは言えなかったのです。
 デジカメ講座の難しさは、デジカメの種類が多いために、受講生に満足して頂くためには個別指導にならざるをえないのです。ところが現実には個別指導は出来ない状況にありますから、分かり易いテキストを独自に作って行くしかないのです。
 また、今後NPOとして『強み』を持って成長して行くためには、独自の良いコンテンツを多く持つことが必要と思っております。そのために、今のうちに苦労してでも、このテキストを作ろうということになったのです。

 テキスト作成にはそれなりの時間がかかるため、年末の27日に第1回目のミーティングが急遽開催され、正月中の宿題が出ておったのです。
 今日はその回答をそれぞれが持参してのミーティングです。
 今日のテーマは、「テキストの基準・構成」をどうするか?から始めました。まず、テキストを作る場合、パソコンのOS(Windows98やwindowsXP)をどのOSを基準に作るのかの問題にぶつかります。通常は、最新のOS(windowsXP)を基準として、その操作の仕方で作成するのですが、受講生の方が全て最新のOSを使っているとは限らない。今回のテキスト作りを開始したきっかけは、2月開催の商工会議所の「デジカメ入門」講座で使用するのが第一の目的です。
 その会場のパソコンのOSはWindows98であり、それを基準に作成したほうが良いとなるのですが・・・・いろいろ論議の末、可能な限り両OSの操作方法を並記する方式をとることに致しました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「感激しました」

2003/12/30 22:00
■2003/12/30 (火) 「感激しました」

 私が40年間勤め上げた会社のOB会の会報誌「しんわ」に「会員の広場」というページがあります。
 何を書いても良いようですが、現在の生活や、趣味のことなどが多いようです。
 11月の中旬だったでしょうか?OB会事務局で世話役をしている同期のM君から原稿の依頼がありました。

 その会報誌の新年号が昨日届きました。

 私の投稿は、「定年からのITとNPO」と題して、定年から現在に至る生活のほんの一部を紹介させて頂きました。
 そしたら、今日、私の若かりし頃の上司より一通のメールが入りました。 本当に懐かしい方からのメールです。確か、私が20代後半の頃の課長です。

 件名に「感激しました」とありました。

 《今月の会報『しんわ』で貴稿を拝見しました。
 大変すばらしいことをやってのけたことを知り感激でした。
 HPを覗いて見ました。
 会社人間として生きてきて、その後一人になった時にこそ
 その人の人生がどうであったかが最後にきまると思います。
 良いことをしていますね。
 多くは言いませんが僕も力を与えられたようです。
 活躍を期待します。》

 大変嬉しい励ましのメールでした。
 私よりは・・・・

 《ご無沙汰致しております。
 今日はまた、大変嬉しいお便りを頂き私の方が大感激です。

 >会社人間として生きてきて、その後一人になった時にこそ
 >その人の人生がどうであったかが最後にきまると思います。

 素晴らしい言葉です。
 それに近づくためにこれからも頑張ってまいります。
 Y様にも、どうぞ良いお年をお迎え下さい。》
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


嬉しい便り

2003/12/29 22:00
■2003/12/29 (月) 嬉しい便り

 今日のメールの主は、パソコンスクールを卒業してもう4ヶ月ぐらい経ったんでしょうか?
 一年間に亘って、パソコンを勉強(楽しまれた)された78歳の素敵な女性の生徒さんです。

 《菊池先生 今年もあと3日となりました。すっかりご無沙汰し、お許しくださいませ。
 バソコンを根気よく教えて頂き、毎日開いて楽しんでおります。本当に有り難うございました。
 つづいてデジカメを教えて頂くつもりでしたけど、おじいさんが、疲れるといつて家にいることが多く、私も外出が減りまして、カメラの出番もなく、残念です。
 
 Cliff Side(11月15日の日記のこと)その昔よく踊りにゆきました。
 懐かしいです。
 お元気で良いお年をお迎え下さいませ。
 本当にお世話になりました。》

 スクールで出会った生徒さんからのこんなメール本当に嬉しくなります。
 しかも、私の日記を未だに読んで頂いているのです。忙しくてなかなか書けずにおり申し訳けございません。

私よりは・・・
 
 《すっかりご無沙汰いたしております。メールの出し方もお忘れもせず、きっちりと送信出来るのはご立派です。

 Cliff Sideのお話しご覧頂いて有難うございます。

 そうですか、若かりし日によく行かれたのですか・・・?
 ダンスもお得意でしたか・・・

 ご主人のご健康のこと心配ですね。
 その内にまた、可能になったらデジカメでもやりましょう。

 今年もあと僅かになりましたが、今年は本当にいろいろお世話になりました。いつまでもご健康でおられることお祈り申し上げます。》
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Cliff Side Jazz Night

2003/11/15 22:00
■2003/11/15 (土) Cliff Side Jazz Night

皆さんは、「Cliff Side(クリフ・サイド)」を知ってますか? 
「横浜は元町」にあります。
日本のJazz界の草分け南里文夫が毎夜演奏していたサパー・クラブです。
昭和30年代、デート・スポットとしてかなり名を馳せておりました。
食事をしながらジャズを聴いたり、ダンスを踊ったり、そして愛を囁いたり・・・
当時の若者達にとっては一度は行ってみたい場所でした。

今日、その「Cliff Side」でジャズコンサートが開かれました。

この「Jazz Night」の出演バンド名は「Tama Dream Jazz Orchestra」(TAMA DJO)です。
多摩市のシニアで構成するジャズ・フルバンドです。
最年長者が82歳のサックス奏者でした。82歳万歳!
 
『熟年よ強くおしゃれにカッコ良く!!”お年寄りに夢を””若者に渇を””地域に活性化を”』
をモットーに熟年が、熱い演奏を繰り広げます。

とパンフレットに・・・素晴らしい!   ファンクラブは300名とか・・・

何故に私がこの「Jazz Night」に行くことのなったかと言えば、
実は、小学校・中学校・大学時代の友人のK君は多摩市に住んでいるのですが、
先日の田舎の中学の同期会の集まりで、この「TAMA DJO」に入っていること、
今度「Jazz Night」が開催されるので是非切符を買ってくれとのことで、
当日出席の中の5名が揃って行くことになったのです。
 
私たちの大学生時代は、学生のジャズ熱は相当なもので大学にも数多くのジャズバンドがあり、
学園祭のJazz Concertは何時でも超満員の盛況でした。
中でも、早稲田の 「Hight Society Orchestra」は数少ないジャズ・フルバンドで、
群を抜く実力を誇り学生ジャズバンド界に君臨しておったのです。

彼は、「Hight Society Orchestra」でトロンボーン奏者でした。

今日の「Jazz Night」は、Oldies特集としてグレンミラーに始まってBig Band Jazzの数々で私たちを堪能してくれました。
素晴らしい演奏会でした。バンドリーダーのお話では、国内各地から”引っぱりだこ”とのこと。

モットーの、シニアが元気に頑張ってる姿カッコいいです!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Aさんからのメール転送します。

2003/11/12 22:00
■2003/11/12 (水) Aさんからのメール転送します。

 皆さんへ

 葛飾区役所にお勤めのAさんからのメールを皆さんに転送いたします。
 Aさんは、過日終了したNPO協働リーグの「マネッジメント研究会」に参加されました。
 Aさんは現在次ののような仕事をしているとのことです。

 >定年後の男性の社会参加をテーマに仕事をしています。

 そしてAさん達の企画で、11月30日から1月31日まで、社会参加のためのセミナーを実施しています。(ホームページアドレスは下にあります)私も参加したいと思っておりますが、どなたかご一緒しませんか?ご都合の付く方はメールを下さい。

<転送メール> です。

 菊池 剛志 様

「マネ研」の折はお世話になりました。
葛飾区のAです。

アクティブSITA、そして菊池さんのHP拝見しました。
堀池さんのおっしゃていた意味がとてもよくわかりました。

菊池さんの定年後にかける思いが伝わってきます。
そして、真剣に!!楽しむ姿が目に浮かびます

アクティブSITAのHP、皆さんが活動や会の皆さんとの交流を楽しみ慈しんでおられるのが、わかります。
パワーも伝わってきます
仲間に加わってみようかな、、という気にさせます

定年後の男性の社会参加をテーマに仕事をしている
私にとっては、まるで、お手本!のようです

本行事は、葛飾区で行います
11月30日(日)からです。
シニアのための社会参加セミナーのご案内をします。

http://www.city.katsushika.tokyo.jp/jimu/fukushi/kourei/sinior_seminer.html#top

菊池様をはじめ、町田の皆様で参加希望される方がいらしたら、お知らせください。
ちょっと、遠いので、、、すが
昨年から開始したもので、葛飾アクティブ.COMの中核メンバーはこのセミナーの修了生です
昨年は、菊池さんのHPにもあった、柴田博Drもお呼びしました。

この1年半、いろいろなセミナーをやり、修了生のバックアップをしていますが葛飾のシニアは、まだ、おとなしい!?かな。。。と思っています
やはり、市民サイドから沸き起こってきた強さでしょうか
町田の熱いシニアパワーが葛飾にも伝染するといいなぁ・・・
 
と願いつつ・・・

 みなさんのますますのご活躍お祈りいたします
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


『夢』のNPO設立へ

2003/10/19 22:00
■2003/10/19 (日) 『夢』のNPO設立へ

 今朝起きたら、「お父さん!お父さん!」と家内の呼び声が聞こえました。何かと思ったら「虹が出ていますよ 珍しい朝の虹ですよ!」外に見に出たら西の空にきれいな七色の虹の架け橋が見えました。午前7時でした。
 今日は、私達が『夢』を現実のものにしたNPO法人「アクティブSITA」の設立総会の開催日なのです。『こりゃ縁起がいい』朝の虹なんて見たこともない珍しい現象です。

 そして午後1時15分、我らのNPOアクティブSITA設立総会が開会されました。

設立総会式
 司会平田さん  ウイットに富んだ司会は皆さんから絶賛された!
 菊池議長が設立趣意書を読み上げ、来賓の方々へ設立の趣旨説明を行うと共に会員への 
 意思確認を行った。
 全ての議案は原案通り承認された。

 閉会に先立ち、菊池代表理事より次3点についての話があった

1.NPOはリダーがおっても上下関係のない世界。自由闊達な意見交換が最も必要。
2.「自発性」「自主性」がNPOの原動力!みんなが「言い出しっぺになろう!」
  「言い出しっぺ」が「この指とまれ」のサインを出し、やりたい仲間の参加を得て責任を持って仕事を完成させる。
  仕事は与えられものではなく、自ら作ってゆくもの
3.「SITA町田会」キーワード「優雅に楽しく」を継続する。
  シニアはシニアらしくゆとりを持った仕事をしよう!

 続いて来賓の方々からご祝辞を頂いた。
 市役所市民部 岩崎部長殿
 町田市シルバー人材センター 笠原会長殿
 富士通ラーニングメディア社 花房部長殿

 「設立総会記念講演」
 テーマ   ― アクティブなシニアとコミュニティ・ビジネス ―
 NPO協働リーグ 代表理事
 シニアSOHO普及サロン 代表理事 堀池 喜一郎

 会場の出席者に深い感銘を与える講演であった。

 ついに、仲間全員の念願だったNPOの設立となった。

 *総会開催中、もの凄い風雨があったが総会にもご来賓の交通にも全く影響なしの素晴らしい総会であった。

 ↓アクティブSITAのホームページご覧下さい。
    
 http://active-sita.com/index.html
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


実践 IS BEST

2003/09/23 22:00
■2003/09/23 (火) 実践 IS BEST

Yさんがスクールへ来られた理由は、商売で毎日使っている売上日計表や振込一覧表などの帳簿関係を、現在の手計算作業からExcelでの処理に移行し、事務効率化を図るためです。
Yさんは、食品素材を官庁の社員食堂やその他一般食堂などへ納入する中小企業の社長さんです。

この目的達成のために、パソコンの基本から勉強したいとのことでWordに始まってExcelの基礎、そして本命のExcel応用(関数・ピボットテーブル・マクロetc.)まで進んでおります。
スクールのテキストは、必ずしもYさんの望む個別事情までは、ストレートには解説してはおりません。従って、テキストのあちこちに書かれている操作を拾い出して、繋ぎ合わせたりして応用していかなければいけないのです。
そんなわけで、講座を受けたからといって、直ぐにExcel関数を使っての思い通りのプログラム作成には到達出来ないのです。それなりの経験が必要となります。

何とかして卒業までに、Yさんの日計表や振込一覧表のプログラムを完成してあげたいと思って、兎に角どんな帳票にしたいのか、項目名や表示したい結果など作って持って来て下さい!何度かお話しやっと原型を作って持参してくれました。とても使えるようなものではありませんが、ここからがスタートなのです。
練習課題として他の受講生の方にも説明して実践講座となりましたが、この方が面白いらしくためになったと喜ばれました。
結果は、作業の効率化と正確性が革命的に図れたのではないかと思っております。

同じように、図書館の司書を務めているKさんも、毎日の購入冊数や金額を図書分類別に集計するためにExcelを勉強に来ておりました。自分が望むプログラムを作成しようとしていますがやはり経験不足のために直ぐには作ることは出来ません。それでは習いに来た意味がないために、どんな様式でどんな結果を出したいのを聞き出して、一緒に作るようにしました。
Kさんの場合には、データの[集計]機能から分類別小計を出し、さらに効率化を図るためにその幾工程かの操作手順を「マクロ」に登録しました。 「マクロ」では、ボタン一つ押すことで全ての操作を自動実行してくれるというマジックなのです。
Excelは本当に「賢い!」

このような実践をお教えする講座が一番必要であり、恐らくは生徒さんが一番期待することではないかと思っております。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


SOS!というMail

2003/09/20 22:00
■2003/09/20 (土) SOS!というMail

今日、「SOS!」というメールが入ってきました。
送信者は「質問ならおまかせのTより」と書いてます。卒業生のTさんです。このあいだも「ブラスター」(ウィルス)に侵入されて大変だったとのメールを頂いておりました。
その時に私よりは、「さすが!流行に敏感なTさん。流行の最先端をいってますね!」とジョークMailを返信しておきました。
T家ではご主人もお子さんも・・・彼女以外は全て男性。ところが、ITのことについては男性陣はまるっきし駄目!ということで奥さんがスクールへ勉強に来ていたのです。スクールでは、OS・WORD・EXCEL・インターネット・メールを受講したと記憶しています。そんなことで、今ではT家IT部長を自認しているのです。

メールの質問内容は、Tさん自身が開いている英会話教室の宣伝チラシのこと。“花のある英会話教室”(そう言えばガーディニングにも凝っていると言ってました)のテーマのチラシをWordで作ろうとしているのですが、うまく出来無いための質問です。A4の用紙一枚に3枚のチラシが出来るようにしたいとのことで、最初にデザインして作ったものをコピーしてその下に2枚を貼り付けるのですが、貼り付ける段階で上下に重なりあったりで配置がどうしてもうまくいかない!そこでのSOS!なのです。

パソコンは、その操作で行詰まった時に、操作を知っている人が手を差し伸べてあげないと壁を突き破ることが出来ないのです。
平成13年にe−japan戦略の第1弾として、IT講習会が実行されました。
ところが、受講された方の70〜80%がそれっきりと推測されております。やはり、第2弾のフォローアップが必要なんです。

私の目指しているのは「受講して”良かった”と思って頂けるような講座をする。」ということですが、スクールでの講座の時間だけではなく、受講生のその後に出てくる疑問にも応えていかないとITリテラシー(使いこなす能力)の向上は果たせません。こうしてフォローすることで、本当に“良かった!”と思って頂けるのではないかと思っております。

また、解決してあげることが私にとってもこの上ない喜びです!

Tさんよりお礼のメールが入りました。「早速練習問題付き解答いただいて感激です! ー恐縮のTよりー
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Aさんの送別昼食会とー「刻字」ー

2003/09/19 22:00
■2003/09/19 (金) Aさんの送別昼食会とー「刻字」ー

 先日、私が所属するスポーツクラブの同じ会員Aさんご夫妻を囲んでのお別れ昼食会が開催されました。

 Aさんは、73〜74歳位になるのでしょうか?70年間ほとんど病気らしい病気をしたことの無い健康体だったそうですが、退職の4ヶ月後に、突然!ALSという進行性神経性難病にとりつかれ、現代医学をもってしても発症原因不明、対策療法ほとんど無し、そして平均生存年数3〜4年の宣告を受けたそうです。
 プールでの運動が良いとのことでスポーツクラブへ入会されて、毎日のように来られておったのですが、最近、足が不自由になり、プールサイドでの歩行がままならずについに退会されたのです。

 この昼食会の丁度一月ぐらい前になりましょうか・・・

 Aさんが退職後に、趣味として「刻字」を始められましたが、その作品を一緒に過ごしたクラブの会員(ゆうゆうクラブ=シニア)で興味のある方に引き取って頂ければとの申し出に、クラブの仲間が主催してAさんの「刻字」の展示会と作品の引き渡しの会が開催されました。
 「刻字」とは、特殊な書体で板に字を彫って作品に仕上げるものですが、この書体(篆刻字林というそうですが)がとても面白い!
 私が頂いた作品は「遊神」と木目の板地に彫って、その字に白の顔料を塗ったものですが、「遊」の漢字が本当に遊んでいるかのように踊っております。
 Aさんの作品で一番多かった作り方は、縦または横長の板の全面に緑を塗り、字を浮き彫りにして金箔を塗って仕上げたものです。私はその作品の下記の句の作品も頂戴して参りました。
  
  世事雲千変
  浮上夢一場

 定年退職後の素人の趣味の作品とは思えない素晴らしい作品ばかりでした。 今回の昼食会は、クラブの会員の皆んながAさんの素晴らしい作品を頂いたとのことへの御礼と送別の会だったのです。

 当日配られたワードで作成されたご挨拶文の中に、「毎日徐々に進行が続いておりますが、『一病息災』と毎日が楽しくなるよう努力しながら送っております。まだまだ大丈夫です。ただ残念なのは足・喉が不自由なため皆様と共に談笑の場へ出向くことが出来ず非常に残念です」と記載されておりました。

 私もAさんの作品を毎日眺めては、ご回復を心からお祈り申し上げております。

 「刻字」見本→  
      http://www.city.koga.ibaraki.jp/tenkoku/yasuda/kokuji.htm
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


『マネ研』のこと

2003/09/17 22:00
■2003/09/17 (水) 『マネ研』のこと

 NPO法人「NPO協働リーグ」の公開講座『マネジメント研究会』が始まりました。
 「協働リーグ」としては第1号の仕事です。
 「協働リーグ」は、自体がNPO法人であると共に、このNPO法人は参加(傘下)する20のNPO法人や団体からなっております。
 「協働リーグ」のような組織を“中間支援組織”というのでしょうか?
 この「協働リーグ」の大きな目的の中に、経験を持つ人たちによる、これから設立されるNPO経営者たちへの経営ノウハウ等の指導があります。
 新しくスタートするNPOにとっては本当に有難く、嬉しい研究会と思っております。

 今回の『マネ研』のコーディネーターは、「NPO協働リーグ」の代表理事である堀池喜一郎氏です。そして、この講座はオリエンテーションであるプロローグが1回と講座が全6回になります。
 『マネ研』には、これからNPOを立ち上げようとする人達や、既に立ち上げて経営にタッチしている方たちが受講しています。
 講義も単なる、理論とか理屈の講義ではなく、それぞれの持てる悩みをみんなで解決しようという意味合いを持っております。
 冒頭に、みんなの抱える悩みが出されました、出された悩みの中には私たちから見れば羨ましく思える悩みもありました。
 女性のかたには「定年を迎え帰ってくる亭主をどのようにして社会参加させようか」が大きな悩みになっているようです。
 懇親会の席では、「うちの女房なんて幸せだよな!」と燃えている男達の言い分でした。

 『マネ研』は先人の経験した事例、恐らくは成功例よりもむしろ失敗例の方が多かったのではないでしょうか。そう言う意味ではこの講座は『失敗例に学ぶ・・・』マネジメント研究会といって良いと思っております。
 そこに大きな意義があります。

 研究会の終わったあとには、懇親会ももたれました。
 やはり、私たちは日本人なのですね!こんなこと通じて、今までの「他人行儀」が、あっという間に『仲間意識』に変わってくるのです。
 これからそれぞれの悩みをぶっつけながら、みんなで知恵を絞り合いながら解決に向かう、お金では買うことの出来ない仲間が沢山出来て嬉しい限りです。

 今朝の、NPO協働リーグのメーリングリストに「内閣府の『地域産業おこしに燃える人』に堀池が選定されました。」とのメッセージが入りました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


9月例会ー皆さんからのメール3ー

2003/09/10 22:00
■2003/09/10 (水) 9月例会ー皆さんからのメール2ー

今月は何と3Pになってしまいました。嬉しい限りです。

●毎月大手町より駆けつける方です。しかも会社早退(公認)で・・Mさん(女性)
 それにしても、一部、二部、それぞれ、本当に盛り上がりましたね。NPO研究会の成果、すごいですねぇ。ただただ、頭がさがります。
 皆さま、お忙しい中、短期間で、よくここまで纏めて頂いたと感謝しております
 設立趣意書や定款も、一字一句、さぞ、頭を抱えながら、試行錯誤でお作り頂いたと思います。本当に、本当に有難うございました。
 生みの苦しみから、子供の成長を楽しむみたいに、これから「アクティブSITA」がどんな形に成長していくか・・・
 とっても楽しみですね。
 ここに至るまで、ちっともお手伝い出来ずに申し訳ありませんでした。
 いまは、何も出来ませんが、仕事をリタイアした折には、是非、何かお手伝いさせて頂けたら・・・と思っております。
 その時は、どうぞよろしくお願い致します。
 第二部の親睦会、いつもながら、とっても楽しかったですね。
 昨日は、またまた、何だか皆さんとっても盛り上がっていた雰囲気ですよね。
 それにしても・・・こんなに大ベテランの方々が揃っている会も珍しいのではないでしょうか?
 そして、その皆さんがとっても仲が良くて、明るくて、お人よしの方ばかり・・・。
 ですから、こんなに毎回楽しめるのですよねぇ〜。
 遠くまで、時間を掛けて伺っても、帰ってくると・・・、あ〜ぁ、楽しかったぁ〜と
 気持ちがとっても快いのです。
 皆さま、本当にありがとうございます。
 これからも、ずっと、ずっと、この雰囲気が続きますように・・・。
 こんなに大ベテランの仲良しグループが、NPOを立ち上げるのですから、きっと、何かしら、素晴らしい成果をあげられるのではないでしょうか?
 大いに自信を持っていいと思いますよ。
 人数があまり多すぎない点もいいですよね。
 全員の顔が見えていますし・・・。
 こんなに素晴らしい会は、そうそう無いと思いますよ。少々手前味噌でしょうか?でも、本当にそう思うのですもの・・・。

●SITA事務局のH氏からのメールです。
 大変うれしいご報告をいただき、ありがとうございました。
 ご同慶の至りです。
 やっとここまでこぎつけられたとの思いで、メールを拝見いたしました。

 10月13日の設立総会にはもちろん喜んで出席させていただきます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


9月例会ー皆さんからのメール2ー

2003/09/10 22:00
今月の例会へのメールは沢山頂きました。全部載せます!

●都心から毎月出席のSさん(女性)よりのメール
 駅からの道々上を見上げると、火星ちゃんはお月様の隣にいましたよ。
 11時15分でしたからそうなりますね。
 こんどからもう少し早く帰ろうかな〜、とちょっと反省しながらの家路でした。
 例会も2次会も相変わらず盛り上がってお世話になりました。
 なんか凄いことはじまりそうですね。
 菊池さんhp大変でしたね。
 SITA町田が少しずつ目標に向けて芽を出し始め、試行錯誤の胎動を経て、やがて誕生するであろう過程をリアルタイムに生の声で伝えているのは貴重な資料ですね。ありがとうございました。

●Heさんからのメールです。
 今日の例会の幹事役を有難うございました。菊池さんのご説明でNPO設立もいよいよだなと気を引き締めております。殆ど菊池さん任せの状態ですがご苦労に頭が下がります。出来るだけのご協力をいたしますのでこれからもよろしくお願いいたします。2次会はすっかり盛り上がりました。いつまでもこの会が続くことを祈っています。

●大和から駆けつける大和撫子Sさんのメール ラブラブ情報もあり!
 昨晩は、またまた盛り上がった例会ありがとうございました。
 菊地さんはじめ皆様 影に日当にNPOに向けてのお骨折り感謝です。

 以下余談

 火星の話題がちらほら聞こえますが、
 大和で「火星を観る会」が催されます。
 よろしかったらお出かけください。
 200LOVE(LOVE=大和市の地域通過の単位)必要です。
 私は円は貧乏ですが、LOVEはお金持ちで10,000ラブ近くもっております。
 来年1月1日には使っても使わなくても0ラブになってしまいますので、
 どうぞ私のを使ってご興味のある方は火星を観ていただけたらと思います。

●八王子よりのKさんのメール
 昨夜も盛り上がりましたね。(2次会)
 私も、ニアリー満月+火星を見上げながら帰りました。火星が月の衛星みたいでしたね。火星大接近のニュース以来、何度かチャレンジしても見られなかったものでした。

 さて、NPOは菊池さんや研究会の皆さんの努力であっという間に立ち上げ準備ほぼ完了、というところまできましたね。その間、ご協力ができず申し訳ありませんでした。昨日は色々議論できて大変良かったです。■2003/09/10 (水) 9月例会ー皆さんからのメール1ー


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


9月例会ー皆さんからのメール1ー

2003/09/10 22:00
■2003/09/10 (水) 9月例会ー皆さんからのメール1ー

今月の例会へのメールは沢山頂きました。全部載せます!

●都心から毎月出席のSさん(女性)よりのメール
 駅からの道々上を見上げると、火星ちゃんはお月様の隣にいましたよ。
 11時15分でしたからそうなりますね。
 こんどからもう少し早く帰ろうかな〜、とちょっと反省しながらの家路でした。
 例会も2次会も相変わらず盛り上がってお世話になりました。
 なんか凄いことはじまりそうですね。
 菊池さんhp大変でしたね。
 SITA町田が少しずつ目標に向けて芽を出し始め、試行錯誤の胎動を経て、やがて誕生するであろう過程をリアルタイムに生の声で伝えているのは貴重な資料ですね。ありがとうございました。

●Heさんからのメールです。
 今日の例会の幹事役を有難うございました。菊池さんのご説明でNPO設立もいよいよだなと気を引き締めております。殆ど菊池さん任せの状態ですがご苦労に頭が下がります。出来るだけのご協力をいたしますのでこれからもよろしくお願いいたします。2次会はすっかり盛り上がりました。いつまでもこの会が続くことを祈っています。

●大和から駆けつける大和撫子Sさんのメール ラブラブ情報もあり!
 昨晩は、またまた盛り上がった例会ありがとうございました。
 菊地さんはじめ皆様 影に日当にNPOに向けてのお骨折り感謝です。

 以下余談

 火星の話題がちらほら聞こえますが、
 大和で「火星を観る会」が催されます。
 よろしかったらお出かけください。
 200LOVE(LOVE=大和市の地域通過の単位)必要です。
 私は円は貧乏ですが、LOVEはお金持ちで10,000ラブ近くもっております。
 来年1月1日には使っても使わなくても0ラブになってしまいますので、
 どうぞ私のを使ってご興味のある方は火星を観ていただけたらと思います。

●八王子よりのKさんのメール
 昨夜も盛り上がりましたね。(2次会)
 私も、ニアリー満月+火星を見上げながら帰りました。火星が月の衛星みたいでしたね。火星大接近のニュース以来、何度かチャレンジしても見られなかったものでした。

 さて、NPOは菊池さんや研究会の皆さんの努力であっという間に立ち上げ準備ほぼ完了、というところまできましたね。その間、ご協力ができず申し訳ありませんでした。昨日は色々議論できて大変良かったです。
■2003/09/10 (水) 9月例会ー皆さんからのメール1ー

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ーSITA町田会の最終例会?ー

2003/09/10 22:00
■2003/09/10 (水) 9月例会 ーSITA町田会の最終例会?ー

 昨日の例会は20人のメンバー中17人が出席しました。ここ何ヶ月か15人前後が続いておったので、皆さんのNPOへの期待が如何に大きいかがわかります。

 ところで今日のテーマはNPO設立に向けての設立趣旨書・定款の確認、役員人事、運営方法など、9月7日のNPO研究会での決定事項の報告と会員の皆さんの最終意見の聴取ということでした。
 趣意書とか定款をあんなに丁寧にチェックしたつもりでも、まだまだ表現に問題があるところ、こんな表現の方がより相応しいなど何カ所か出てきました。皆さんから積極的な意見が出され論議が盛り上がりました。この元気がいいです!
 また、7日のNPO研究会で「アクティブSITA」のロゴと名刺用のロゴを早急に作ろうと言うことになって、その道に強い森会員にお願い致しました。
 そして、例会の席ではじめて自分たちのロゴの披露となりました。またまた、新たな才能の発見です!
森さんは5〜6年前まではこんな仕事をしておったそうで、正真正銘プロの作品です。
 こうしてロゴなどが着々揃ってくると、間近に迫った設立の実感で身震いを感じます。

 設立総会の日程は原案では9月23日を予定しておりましたが、来賓の御案内等や既に予定がは入っている会員が多かったために、せめて1ヶ月先にすべきとのことで、今日、会場の空き情報から10月13日に決定しました。
 昨日今日と皆さんから例会の後の嬉しいメールが沢山入っております。どうですか!この皆さんの喜びようは・・・・!

●Hさんからのメール
 昨日、いやもう一昨日ですね。楽しい例会でした。幹事さん、ごくろうさま!
 NPOいよいよですね。ワクワクドキドキ・・・。
 皆でアイデアや知恵を出し合って、アクティブSITAを前進させましょう。

●ロゴ作りを担当したMさんよりのメール
 9月の例会も盛会でしたね。幹事さんご苦労様でした。
 NPO「アクティブSITA」の設立も秒読みですね。菊池さんの尽力の賜物ですが、これからは全員でバックアップしていきましょう。
 今朝からロゴ作成に取り掛かっていたのでメール遅れました。次回には完成ロゴを提出したいと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


NPO設立に向けて

2003/09/07 22:00
■2003/09/07 (日) NPO設立に向けて

 明後日の第二火曜日の9日は「SITA町田会」の例会です。私たちの設立しようとするNPO法人「アクティブSITA」の設立申請を9月中に行いたいので、その前に会員の皆さんに設立内容の説明をしておく必要があります。そのために急遽、例会前の9月7日に第4回の「NPO研究会」の招集となりました。
 急の開催となれば場所取りが難しくなります。どうしても取れないため、私たちの第3集会所での開催となりました。因みに第1は「まちだ中央公民館」、第2は「魚や一丁」、そして第3が今日の会場「ルノアール」です。
 1週間前の予告だったために、参加された方は8名でした。
 今日はかなり細部にわたった検討がなされました。

【基本事項】の再確認と検討
1. 目指す私たちの対象
2. 何を提供するのか
3. 誰が何をするのか 役割分担と責任範囲
4. 収支予算の検討
5. 成果目標
6. 設立までのタイムスケジュール

【申請書類】の検討
・設立趣旨書
・定款案
・「アクティブSITA」の御案内

 こうして皆さんと膝をつき合わせて設立までの生みの苦労を共にする・・・皆さんも生き生きとして発言する。本当に楽しい世界です。
 特に役割分担の場では、皆さんが積極的にやりたいことを発言される!上下関係のないNPOの世界では、各個人の「私はこんなことをやりたい」を尊重することが極めて大切なことと思っております。
 最も重要な顧客開拓部門「営業担当」にも手が挙がりました。営業部門一筋40年のTさんです。さすが経験豊かな人の集まりです。
 
 家に帰ったら、家庭の事情でここしばらく参加されていない会員よりメールが入っておりました。「しばらく休眠させて頂きますが、NPO申請の手続きについてはお役に立てますのでご相談下さい」・・・と。そう言えば彼はFPの資格を持っておられたのですね。
 「よろしくお願いいたします」と返信致しました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


心の重石

2003/09/06 22:00
■2003/09/06 (土) 心の重石

 8月3日付けの日記「長坂さんよりのメール」に書いたとおり、「継続は力なり」と長坂さんに励まされ日記の継続を出来るだけ早く再開しよう!と決意してからもう1ヶ月が過ぎてしまいました。
 ここ数日で、ようやく過去の幾つかを書き、さらに新しい日記を書いたら今まで重くのしかかっていた「心の重石」がとれました。

 昨年の10月、私は禁煙をしましたが・・・一度宣言をしてその誓いを破った時の「ばつの悪さ」ったら無いですよね!(おかげさまで禁煙は続いております)

 日記の継続にもそれと共通するものがあります。
 日記の第1号に「どこまで続くか分かりませんが・・・」と、その時のための言い訳を書いておりますが、そんな言い訳なんか誰も読んでいないし読んでおったとしても関係ないのです。
 評価は・・・ああ、やっぱり続かなかったか!  中には「大きなことを言って、それみろ!!!」の世界かも知れません。さらには「人間の価値」の判断にされることもあります。

 本来、日記を付けようが、止めようが他人から批判されるものではないのですが・・・
 しかし、インターネットでの『公開日記』の場合は違ってきます。やはり楽しみにして下さっている方も多いのです。私の日記にも度々書いておりますが、スクールへ行った時「先生の日記」読まして頂いていますとよく言われます。
 また、この日記にはアクセスカウンターが付いておりますが、パスワードを入れると過去4週間分の曜日毎のアクセス数まで出てきます。それを見るに付け訪問された方にはいつも感謝いたしております。
 そして今更ながら更新の大事さを感じております。
 さらに私の場合は、勝手に始めたとはいい「SITA町田会」のページも挿入しておりましたから・・・。
 これは私だけではなく、「SITA町田会」の問題でもあるわけですからよけいに反省しきりなのです。

 今日の日記は恥を忍んで書いています。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


8月例会

2003/08/06 22:00
■2003/08/05 (火) 8月例会

 ようやく梅雨明けです! 

 NPO協働リーグの協賛企業より3つの仕事の発注がありました。当会員へMLで案内し2名が仕事へ参画致しました。今後は、このようなケースが増えてくるのではと思っております。

 今日の勉強会のテーマは「わが街のホームページとコミュニティ・ビジネス」と題して、私のこの1年間の体験を発表致しました。

 現役時代の地域活動を避けていた反省から、定年後は幾らかでも地域のお役に立ち立ちたいと思っていた昨年7月、地域活動参加へのきっかけがやって来ました。私達の住む街をよりよくするための「企画案」の募集があったのです。
 応募した私の企画案は「ふれあいの増進と地域情報の発信基地としての」HPを創設するというものです。お陰様で何とか優秀作品を頂きました。そして本年4月よりは、「ふれあい基金運営委員」に立候補し、現在は『つくし野ふれあいネット』ワーキング・グループの世話役として企画案作り活動を行っております。来る11月1日に地域の方へHPを発信するスケジュール目標を立て活動しております。
 企画案が出来上がった時点で、WGの仕事が終了します。その後は、コミュニティ・ビジネス分野への移行が最適と思っております。仕事の内容は、HP作成・更新等管理業務・住民へのIT教育などです。地域活性化のためにワーキング・グループの方達がHP編集室を作って行ってもよし、NPOを作ってもよし、NPOに委託してもよし。永続的に地域のためになるHPをスタートさせることが企画者としての責任と思っております。

●Kさんよりのメール
 例会では菊池さんのお話を聞いて、自分と同じ考えで行動を始められたこがよく判り、改めて勇気付けられました。
 私も自分の定年後は、「IT技術を駆使して”3つの嬉しい”を実現したい」でスタートさせました。
●Sさんよりのメール(長坂さんのメールのお話について)
 今まで、他の協働リーグの会員のhp拝見していました。活動や、お仕事状況を満載する中にあって、確かにわがチームは異色のページですね。
 褒められたからいうのではありませんが、この気取らない人間くささが町田の「売り」なのですからさあ、これからもUPお願いしますね。
●Nさんよりのメール
 今日は、大変貴重なお話を聞かせて頂きました。
 菊池さんの地域でのふれあいネットは、本当に同感する思いです。ありがとうございました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


長坂さんからのメール

2003/08/03 22:00
■2003/08/03 (日) 長坂さんからのメール

 7月26日に「NPO協働リーグ」の設立総会が開催されました。設立総会後の記念セミナーでは、全国的に有名な『ささはたドットコム』主宰者長坂由佳氏の基調講演がありました。幡ヶ谷・笹塚地区の10の商店会と700店の商店を説得して立ち上げたHPですが、その成功の秘訣やHP効果の話をされました。

 その2日後に堀池さんから次のメールがMLで転送されてきました。

 (*長坂さんにお褒めとお叱りを頂いてしまいました。早い機会に更新致します!)

 堀池さん

 お世話になります。長坂@アンカーコムです。
《前文省略》
 講演前に、NPO協働リーグのサイトを拝見し、会員一覧にあった
 各団体のサイトを全部拝見しました。
 いろんなサイトがありましたが、一番心に残ったのは、
 「SITA町田会」さんです。
 会でどんなことがあったのか、日記みたいに載っていました。
 あれがいいんです!
 日々の会の様子や活動がダイレクトに伝わり、書いている方の
 思いや考え方や、みなさんの雰囲気がよく分かります。
 かっこいい言葉とか、知的な文章とか、そんなのは要らなくて、
 生の言葉があれば、思いは通じます。

 自分が町田に住んでいたら、ちょっと参加してみようかな、
 と思ったんじゃないかなぁ。

 メールでの情報発信、電話、リアルな交流ももちろん大切ですが、
 それだけだと外部の方に様子が伝わらないですよね。
 ああいうのがホームページにあったら、後から入ってこられる方にも
 会の様子がよーーく伝わります。

 残念ながら、最近は更新されていないようですが、
 ぜひ、あれを再開し継続していただきたいなと思いました。
 継続は力なり。

 自分は「ささはたドッとこむ」を開設する前段階から、
 「ささはたプロジェクト」というホームページをつくり、
 会議の議事・議事録、会議中の写真などすべてを公開しながら
 プロジェクトを進行させました。
 (今は閉じましたが)

 何かができあがるまでの過程を、じっと見ていると、
 そのものに強い愛着が湧くんですよ。そういうものなんです。
 建築中のビルがどうなっていくのか、楽しみに思ったことありませんか?
 映画のメイキングって面白いと思いませんか?
 ちょっと覗き見趣味でもありますが、それが人間の心理です。

 えらそうなことを申し上げましたが、
 みなさま、どうもありがとうございました
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ご結婚と入会を祝う例会

2003/07/08 22:00
■2003/07/08 (火) ご結婚と入会を祝う例会

 この一ヵ月の間に徳光・加藤・森さんのお三方が入会され、私達のSITA町田会も総勢20名の所帯となりました。ますます素晴らしい仲間が増え頼もしい限りです。

 また、先日のSITA組織のHP「アクティブハート・ニュース」で、富士通ラーニングメディア社のSさんよりご結婚という大変おめでたいご報告がありました。
 SさんはSITA制度スタート以来、事務局等を務められ私達が大変お世話になりました。
 過日、私たちのNPO研究会の後の席で、その名称についての話題になった時、何故か? Sさんがずーっと発行に携わった「アクティブ・ハート」に因み、私達のNPOの名称を「アクティブSITA」にしようと決まったのです。

 このような事情から今回の例会にはSさんとSITA生みの親であるH部長をお招きし、前段の勉強会はH部長を囲んでの「最近のIT事情を聞く」の座談会。後段は、Sさんのお祝いの会と新入の3人の方の歓迎会を実施しました。

 また、今回は初めての女性の方が幹事を務めました。さすが男性とは違った気配りを随所に見せ盛り上がった懇親会となりました。

●Hさんよりのメール
 今夜は大変楽しい定例会をセットアップくださり有難うございました。それに久々にHさんをお迎えし、また新婚ホヤホヤのSさんに参加いただきいやがうえにも盛り上がりました。席順の設定など細やかな気配りを頂き、本当に有難うございました。

●Mさんよりのメール
 そして、そして、新しいお仲間の方達も、すっかり溶け込んで、楽しんで
いらっしゃるご様子でしたよね。
 さすが、町田会だわぁ〜と思いました。皆さん、本当に楽しんでいらっしゃって、そして、ますます、ベテラン揃いになっていきますね。
 町田会のますますの発展が楽しみです。

●新入Tさんよりのメール
 今夜は楽しい日を送らせていただきました。
 女性の皆さん 若くて美しい人ばかり。
 ちょっと寄り道をして、今着いたばかり。
 これからもよろしくお願いします。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


NPO協働リーグ加盟へ!

2003/06/10 22:00
■2003/06/10 (火) NPO協働リーグ加盟へ!

 5月の長井さんの「私のAccess活用」は、本当に素晴らしい内容の勉強会でした。この勉強会を通して、これから私たちがコミュニティ・ビジネスを展開しようとする時、このような知識や技術を持つことが大きな強みになることを改めて教えられました。  一つ一つ勉強を積み重ねることが大事になります。

 さて、5月31日に「NPO協働リーグ」世話人会が行われました。
「NPO協働リーグ」は、3月に発足の『広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会』の方針を具現化したものと思っております。推進者は、NPO法人「シニアSOHO普及サロン・三鷹」の代表幹事堀池喜一郎氏です。

 このリーグはコミュニティ・ビジネス活性化のための『中間支援組織』といわれるものですが、NPO組織の横のつながりを持つことが活性化には不可欠とのことで設立された組織です。
 NPO設立や経営のノウハウの提供、NPO相互の情報の発信、仕事の共同受注等を行ったりするものです。
 先月の例会では、皆さんからこのリーグへの参加についての賛成の意思を確認させて頂いておりますが、世話人会で詳細が判明いたしましたので例会の中で私より説明いたしました。

 また、私がSITA町田会を代表して出席いたしておりますが、来る7月26日の設立総会に向けて世話人として活動してまいります。

 全国20のNPO法人や団体が参加することになります。私たちもNPO法人設立を急がねばとの思いです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


5月例会 つづき

2003/05/09 22:00
■2003/05/09 (金) 5月例会 つづき

 5月例会の勉強会の「私のAccess活用」(長井講師)は大きな反響を呼びました。みんながあそこまで個人で活用していることにビックリしたようです。私もスクールで講義はするものの、実際に活用する機会がないために、長井さんのような分かりやすい講義はとても無理です!

 長井さんへの感謝・御礼・賞賛メールが続々入りましたので今回は続編を作りました。(この日記は1回が1000字に制限され、オーバーするとUP不可のため)

●Eさんよりのメール
 素晴らしいDBシステム、機能を披露していただきありがとうございました。
 DBの概念は判りますが、いざ設計となるとなかなか纏まらず悩みの原因でしたが、ネームの設定をグループ化し、コード化されていたことが非常に参考になりました。
 住所録を整理しながら、DBシステムの構築に挑戦してみたいと思います。
 アドバイスをよろしくお願いいたします。
●Kさんよりのメール
 先日の町田会、いつものように楽しく有益なものでした。
 長井様のアクセス、個人ベースであそこまで使いこなしているとは驚嘆しました。
 元々、手抜きが多い私にはなかなか手ごわいツールです。
 仕事かなにか、必要に迫られないとダメですね。
 火曜日の定例会は、いつもながらの本当に有意義な、そして楽しい会合で、改めて、町田会の人材の豊富さを再確認しました。
●Mさん(女性です)
 貴重なAccessの資料を見せて頂いて、本当に有難うございました。
 会社の営業成績の表や住所録ぐらいしか頭に思い描けず、個人では、どんな活用方法があるのかしら?と思っていましたが
 まさか、あれほど・・・とは、とにかく、そのすごさに驚嘆でした。
 そして、これからAccessをどう使いこなしていくか、なんとなくイメージが描けるようになりましたし、何か個人でも挑戦しようという気がしてきました。
 会社でもいろいろと、Accessを活用出来ないか、考えてみよう・・・と思います。
 整理の仕方もとても参考になりました。
 本当に有難うございました。
 いつも、メールで拝見していて、パソコンの技術は、相当なのだとは、思っていましたが、こつこつと、本当にAccessを楽しんで、使いこなしていらっしゃる様子が、とても羨ましいです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


5月例会

2003/05/09 22:00
■2003/05/09 (金) 5月例会

 4月の例会では、3月例会で実施のアンケート結果の討議を行いました。 その結果、SITA町田会の中にNPO研究会を発足させて、設立を目標に研究してゆくことで意見一致です。
 そして、去る4月30日に第1回の研究会を開催致しましたが、4〜5名を予定しておったところ12名の参加で大いに賑わい活発な意見交換会となりました。
 今後月2回位のスケジュールで検討会を開催してゆきます。

 今日の例会の勉強会のテーマは「私のAccess活用」です。講師は長井さんです。長井さんは日常生活の中でAccessを使っていろいろ管理資料を作っております。例えば、ゴルフスコア管理表・住所録・メモデーターベース(何でもあり!の忘備録)・パソコンQ&A(データベース)等です。
 講義を聞いてまず驚いたのは、もう使い始めて10年以上も経っているのでしょうか?GOLFの過去のでターがぎっしり詰まっております。ACCESSの達人として現役時代から恐らく名を馳せておったのでしょう。いくつものGOLFコンペの幹事を務めそのデータ全て蓄積されております。因みに、ちょこっと?(もしやわざと!)プロジェクターに映し出されましたが、長井さんのベストスコア「74」と出てきました。PCばかりではなくスポーツも達人か?

●Sさのメール
 長井さん貴重な講義ありがとうございました。
 今日は話題に加わるだけの物見遊山で出かけたのですが、見事なデータ処理にびっくりしました。
 これぞコンピューターの本領発揮ですね。
 これで何とか家庭管理もできないものかと怠け者の主婦は考えました。
●新入会員N氏よりのメール
 「SITA町田会」会員活動は私の退職後の生活の重要部分となりそうな
予感がしています。
 あの名刺に「SITA町田会員」と追加印刷したいほどです。
 知名度向上の一助にもなるのではないでしょうか。
●私のメール
 昨日の5月例会・勉強会も大変濃い内容のものでした。
 長井さんのAccessの知識と実践!そして、Best Score74(+2)改めて脱帽です。
 昨日の勉強会を通して、SITA町田会の有能な人材をまた発見です。
 また、中川さんが初めて参加されましたが、すっかり雰囲気に慣れ楽しかったご様子何よりです。一緒に優雅に・・・楽しくやりましょう!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


アンケート結果!

2003/04/09 22:00
■2003/04/09 (水) アンケート結果!

 昨日、SITA町田会四月例会が開催されました。
 天気予報通りの大雨・強風の悪天候でした。欠席者が出るかなと思っておりましたが、この風雨にもかかわらず出席予定者全員が揃っての例会
となりました。
 今月の勉強会のテーマは、先月実施の当会の「目的や運営」に関するアンケートの結果に基づく討議でした。
 
 一番の問題は、会の目的を何におくかです。

アンケート結果では次のようになっております(複数選択可)
 @現状の勉強会や懇親会でよい 10票
 A地域ITリテラシー向上に貢献   9票
 BNPOの立ち上げを目指す     7票
 C活動の場確保を目指す       7票

と現状の勉強会・懇親会でよいが最高得票となっております。
しかしA〜Cの得票を合計すると23票となりますが、この票は、何れもITを通してなんらかの形で仕事をしたいとか・地域社会への貢献をしたいという項目であり、ほとんどの方が望んでいるという結果です。
 
論議の中でも
 ・NPO立ち上げへの道は決して甘くはない!
 ・NPOを立ち上げた時の核(コア)業務が有るのか?
 ・このグループの強みは何だろう?他と比較して『モノ』を持ってるか?
 ・立ち上げまでの期間、この業務にかかりきりになれるのか?

等いろいろな論議がなされました。その結論は、
 @NPOの立ち上げの研究をする。
 A全ての会員で行うのは難しいので当面有志で行ってゆく。
 B将来、NPOの立ち上げの際は参加したい会員は参加する。

ということで、SITA町田会とNPOの研究や立ち上げは分離して実行という結論に達しました。

 そして、NPO研究への参加者は当面5名で実行して行くことになりました。

●翌日のEさんからのメールです。
 SITA町田の皆様、昨夜はご苦労様でした。
 嵐のような天候のなか、のこのこと集まるなんて!
 SITA町田の会合がいかに優雅にして、楽しい集いかを物語っていす。

●翌日のKさんからのメールです。
 今月の例会も、建設的な議論と楽しいアフターミーティング、有難うございました。
 NPOの研究会には私も参加させていただきます
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ふれあい基金運営委員

2003/04/07 22:00
■2003/04/07 (月) ふれあい基金運営委員

 今朝、駅へ向かう途中で公園の中を通ったら、町内会長のSさんと出会いました。
 実は、昨日の日曜日に「3丁目町内会総会」が開催されました。私がここに住み始めたのが昭和53年。その後11年間転勤で留守をした時期もありましたが、町内会総会への出席は今回が初めてでした。
 町内会長のSさんのご挨拶で、情熱のこもった町内会活動への思いを聞かせていただきいたく感激し帰ってきました。

 Sさんとお会いしたのは、1月の「ふれあい基金懸賞企画案」の表彰式と昨日の総会とそして今日で3回目です。
 
 「お早うございます!昨日はご苦労様でした」と言葉をかけました。Sさんからは「今度、ふれあい基金運営委員ですね!」に始まって立ち話ながらいろいろとお話をすることが出来ました。
 「菊池さんの企画が『ふれあい基金懸賞企画案』の優秀企画案に選ばれたのですが、私たち3丁目の人達はどんな内容なのかは全く分からないし、また、せっかく出していただいた企画案を今後どうするのかもはっきりしない。もう大分時間も経過しているのに何をしているのでしょうね!」「今度、三丁目の役員会でその内容を披露して下さいませんか?」とのことでした。

 今年の1月開催の「ふれあい基金懸賞企画案」の表彰式の後に、S町内会長・I副会長のお二人の方に、次年度の「ふれあい基金運営委員」に立候補して欲しいとの要請がありました。 
 私も定年後の生活信条として「地域への参加とお役立ち」をしようと決めておりましたし、懸賞企画案「つくし野ふれあいネット」の実現には運営委員であった方が遙かに実現しやすいとの思いから引き受けさせていただくことにしました。立候補といっても選挙があるわけではなくいつも無投票当選とのようです。

 この「ふれあい基金運営委員会」は、特殊事情から生じた多額の町内会基金を、福祉の増進や環境の改善、ふれあいや親睦の増進の為に有効に活用するために組織されたのですが、1丁目〜4丁目までの4町内会から選出された代表20名で構成されているようです。
 そして、4月28日に新体制での第1回の運営委員会が開催のお知らせを受けております。

 35年前の、この街創りのテーマであった「コミュニティのある街」の復活を目指して『つくし野ふれあいネット』というITツールを創ってみましたが、このツールを入り口として、ふれあいの実現が図れればと思っております。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Access(アクセス)の講座

2003/04/01 22:00
■2003/04/01 (火) Access(アクセス)の講座

 早いものでもう4月です。

 私の暦では、「定年三年」に入ったことになります。また、富士通オープンカレッジで教鞭を執って二年目に入りました。
 
 3月中旬のこと、スクールの受付嬢から「Access」を受けたいという方がおりますが、先生は「Access」の講座は出来ますか?との問い合わせが入りました。
 
 「Access」とは、データーベース・ソフトのことですが、現役時代に、私が作ったExcelの挙績管理表プログらムでは対応しきれなくなった為に、業者に依頼して「Access」でのプログラムを導入しました。 ところが、その業者の作ったプログラムはバグが多く使い物にならないような代物で、何度となくテストを繰り返したり修正をしたりと変なことから「Access」の世界を覗き見、「Access」の面白味や楽しさにも触れることが出来たのです。

 また一昨年、私が勉強のために通ったパソコンスクールで、衛星放送を使っての「Access」講義を受けましたが、質問無しの片方向授業のため、途中から何がなんだか分からないままに終わってしまいました。  
 3ヶ月位前、「Access」の申込みが有ったら・・・とか、好きな「Access」をマスターしようとのことで独自に勉強を始めました。
 そんな矢先の『「Access」の講座出来ますか?』の問い合わせでした。「やってみましょう!」と即答致しました。

 そうは言ったものの完全に自信があるわけではありません。でも難しい講座へチャレンジして自信につなげていければとの思いと、要請のあったことに出来ませんの返答では(枯れていても?)プロの名が廃るとの思いから即答したのです。

 その日以降、暇さえあれば「Access」でした。
 そして今日この講座がスタートしました。

 スクールの講座は、テキスト通りではなかなか理解してもらえません。教える側がよく咀嚼・かみ砕いてお教えしないと分かってもらえ無いのです。

 今回の講座の生徒さんは、ある製薬会社の52歳の男性の方です。仕事で日頃「Access」の活用はしていますが、プログラム作成へチャレンジの為に来られたのです。
 第1回目の講座が終わった時に、「『Access』は難しいのに、分かり易く教えていただき有り難うございました。」との言葉を頂きひとまずホッとしているところです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


初めてのパネラー

2003/03/21 22:00
■2003/03/21 (金) 初めてのパネラー

 昨日、『広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会発足・シンポジウム』がさいたま新都心で開催されました。
 この協議会は、NPO法人の「シニアSOHO普及サロン・三鷹」の代表幹事堀池喜一郎氏等が発起人となり経済産業省 のバックアップの基に設立されたものです。

 コミュニティビジネスとは、「市民が主体となって、地域の課題をビジネスの手法(ボランティアでは無い)で解決し、その活動利益を地域に還元することによって、コミュニティの再生・活性化する」ものとのことです。
 これからの社会(少子・高齢化社会)は、今までサービスの受ける側だった、女性・高齢者・身障者が主役となったコミュニティビジネスが社会的需要として生まれてくると予想されています。

 このシンポジウムの第2部のパネルディスカッションで、私もパネラーとして初登場となりました。
 実は、1月23日に「シニアSOHO普及サロン・三鷹」の代表幹事の 堀池喜一郎さんよりパネラー要請がありました。

 「急なお願いでたいへん恐縮ですが、3月20日に行われるシンポジウムで第一分科会のパネラーとしてご出席をお願いしたいと思います。堀池が、第一分科会のコーデイネータを勤めますので、皆様に相応しい実践者、関係者としてお願いする次第です。」

 定年後、私も幾つかのシンポジュームやフォーラムに参加する機会がありましたが、いつもパネルディスカッションのパネラーの方達の実体験に基づくお話や、説得力のある話し方の素晴らしさに感心致しておりましたが、今回は、その役を自分が務めなければならないとのことでかなりの重圧がありました。

 パネルディスカッションのテーマは「IT学習支援でコミュニティビジネス事業化〜協業事例における課題対応〜」です。
、この分科会のコーディネーターには堀池さん、パレラーは私を含めて4名おり、NPOを設立し「IT学習」支援を行っている方が2名、三鷹市の情報推進室長、そして私は「SITA町田会」代表ということで参加致しました。

 何とかその重責を果たせてほっとしているのが現在の心境です。
 そして、大変いい勉強をさせて頂きました。
 皆さん有難うございました。

 定年後の私の人生に、パネラーや体験談をお話をする役目とか機会が回ってくるとは夢にも思いませんでした。このような形でお役に立てて嬉しい限りです。
 情報発信の賜と思っております。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


名称はやっぱり「SITA町田会」

2003/03/12 22:00
■2003/03/12 (水) 名称はやっぱり「SITA町田会」

 毎月第二火曜日はSITA町田会の例会です。
今月の勉強会は前月に続いてシンポジュームへの出席者による体験発表です。
 3月7日に行われた「メロー・シンポジューム2003」への参加のHe氏からのご報告となりました。

 先月の勉強会時には、プロジェクターとパソコンが繋がらずにパワーポイントでのプレゼンが出来なかったのですが、M氏が休日に公民館を訪問してテスト実施して、ようやく原因を究明しこの日に備えて呉れました。
繋がりました!スクリーンが大きく迫力満点です。素晴らしい勉強環境です。
 このシンポジュームのテーマは
「地域で光るシニアの力」〜いかに生きるか・知と技〜
基調講演は 三浦朱門氏 「大老年」―老いて発見する生きがいー
パネルデスカッションのコーディネーターは加藤栄氏(『日経マスターズ』編集長)
 パネラーに、今中兵一、中城茂登子、中村宗哲、堀池喜一郎、牟田悌三の各氏。

 報告によると、このフォーラムは、地域社会の中で、ITを活用して充実したシニアライフをすごしてる方、また、シニアこそ社会の推進力だと事業を起こしている方、シニア世代の悩みや迷いを受け止める拠り所つくりをなさってる方などをパネラーに迎え、自己の体験の中から有益なヒントや示唆を与えて下さったとのことです。

 当会から今回も4名の参加者がありました。

 Heからは、よくまとめられたなかなか素晴らしい報告でした。
 翌日のMLにはこんな内容のメールがたくさんでした。

●Mさよりのメール
 Heさんの、シンポジュームの報告、本当に素晴らしかったですね。主催団体、出席者の名前・経歴などから始まって、皆さんの主義、主張を的に、キチンと纏めて下さって、とっても判りやすかったです。
 そして、なにより、その説明の素晴らしさ・・・
 口調が早すぎず、遅すぎず、事細かな親切な説明に加えて、その穏かな話し振りに、すっかり聞きほれておりました。
 良いお手本を見せていただきまして、有難うございました。

 今月の例会では、時間を30分延焼して「会の名称」の討議及び会の目的や運営についての意見を頂こうとアンケートを実施しました。
 会の名称は投票にしてもらいましたが、圧倒的にこのままの名称が良いとの方が多く「SITA町田会」に決定しました。

 4月例会は、このアンケート結果での今後の方向を皆さんと論議したいと思っております。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

My アイティ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる