Cliff Side Jazz Night

■2003/11/15 (土) Cliff Side Jazz Night

皆さんは、「Cliff Side(クリフ・サイド)」を知ってますか? 
「横浜は元町」にあります。
日本のJazz界の草分け南里文夫が毎夜演奏していたサパー・クラブです。
昭和30年代、デート・スポットとしてかなり名を馳せておりました。
食事をしながらジャズを聴いたり、ダンスを踊ったり、そして愛を囁いたり・・・
当時の若者達にとっては一度は行ってみたい場所でした。

今日、その「Cliff Side」でジャズコンサートが開かれました。

この「Jazz Night」の出演バンド名は「Tama Dream Jazz Orchestra」(TAMA DJO)です。
多摩市のシニアで構成するジャズ・フルバンドです。
最年長者が82歳のサックス奏者でした。82歳万歳!
 
『熟年よ強くおしゃれにカッコ良く!!”お年寄りに夢を””若者に渇を””地域に活性化を”』
をモットーに熟年が、熱い演奏を繰り広げます。

とパンフレットに・・・素晴らしい!   ファンクラブは300名とか・・・

何故に私がこの「Jazz Night」に行くことのなったかと言えば、
実は、小学校・中学校・大学時代の友人のK君は多摩市に住んでいるのですが、
先日の田舎の中学の同期会の集まりで、この「TAMA DJO」に入っていること、
今度「Jazz Night」が開催されるので是非切符を買ってくれとのことで、
当日出席の中の5名が揃って行くことになったのです。
 
私たちの大学生時代は、学生のジャズ熱は相当なもので大学にも数多くのジャズバンドがあり、
学園祭のJazz Concertは何時でも超満員の盛況でした。
中でも、早稲田の 「Hight Society Orchestra」は数少ないジャズ・フルバンドで、
群を抜く実力を誇り学生ジャズバンド界に君臨しておったのです。

彼は、「Hight Society Orchestra」でトロンボーン奏者でした。

今日の「Jazz Night」は、Oldies特集としてグレンミラーに始まってBig Band Jazzの数々で私たちを堪能してくれました。
素晴らしい演奏会でした。バンドリーダーのお話では、国内各地から”引っぱりだこ”とのこと。

モットーの、シニアが元気に頑張ってる姿カッコいいです!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック